주요 기사 바로가기

韓国、スターバックス店舗数「世界4位」…人口2.5倍の日本と8店舗差

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.12 13:44
0
韓国はスターバックスの店舗数が米国、中国、日本に次いで世界で4番目に多いことが分かった。人口が韓国の2.5倍の日本(1901店舗)に比べてわずか8店舗少ない1893店舗だった。

スターバックスグローバルウェブサイトによると、昨年末を基準に韓国の店舗数は前年比116店舗増の1893店舗だった。

世界のスターバックス店舗数は3万8587店舗。このうち米国が1万6466店舗で最も多く、中国が6975店舗で、両国の店舗数を合わせると世界の61%を占める。

 
3番目の日本、4番目の韓国に次いでカナダ(1465店舗)、英国(1297店舗)に店舗が多い。1000店舗を超える国は英国まで6カ国だ。コーヒーに対する自負心が強いイタリア、オーストラリアの店舗数は36店舗、71店舗の2けたにすぎない。

日本は1000店舗を超えた2013年、韓国に比べて400店舗以上も多かった。しかし2019年にはその差が153店舗に減り、2020年は121店舗、21年は67店舗、22年は17店舗、23年は8店舗に狭まった。こうした状況が続けば韓国の店舗数は早ければ2年内に日本を上回る可能性がある。

日本はスターバックスが北米以外の地域で最初に進出した国だ。日本1号店は1996年に東京銀座にオープンした。日本より3年遅い1999年に梨花(イファ)女子大の前に1号店ができた韓国スターバックスは今年25周年を迎えた。

スターバックスは1893店舗だが、イディヤ、メガコーヒーと比較するとはるかに少ない。イディヤは3000店舗を上回り、メガコーヒーは先月末基準で2785店舗にのぼる。ただ、これらブランドはテークアウト顧客の比率が高い。

スターバックスは国内で店舗が増え、職員も25年前に比べ500倍以上に増えた。梨花女子大1号店をオープンした当時40人でスタートしたスターバックスパートナー(職員)数は570倍の2万3000人にまで増えた。加盟店なく直営店だけを運営するスターバックスコリアはすべて直接雇用だ。スターバックスコリア(SCKカンパニー)は昨年7-9月期、売上高7586億ウォン、営業利益498億ウォンで営業利益率は6.5%だった。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、スターバックス店舗数「世界4位」…人口2.5倍の日本と8店舗差

    2024.02.12 13:44
    뉴스 메뉴 보기
    スターバックスのロゴ
    TOP