주요 기사 바로가기

<サッカー>敗戦を分析すると言った韓国代表監督、2日後に米国へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.12 12:04
0
サッカー韓国代表のユルゲン・クリンスマン監督が10日、米国に向けて出国した。アジアサッカー連盟(AFC)カタールアジアカップ準決勝で敗れて8日に帰国してからわずか2日後だ。8日に帰国した後、9日に一日休養して荷物をまとめ、10日に出国したのだ。

サッカー界の関係者は「カタールアジアカップを終え、国内に戻って選手団と解散した後、短い時間ではあるが家族がいる米国に向けて出国した」とし「復帰日程はまだ正確に決まっていないが、長い日程ではない」と伝えた。

8日の入国当時、クリンスマン監督は「ひとまず来週出国する予定」とし「私の仕事のやり方は変わらない。皆さんの考え、批判を尊重するが、私のやり方、私が考える代表チーム監督の業務方式に変わりはないと伝えたい」と述べた。

 
当初の計画よりも早くクリンスマン監督が出国し、アジアカップに対する分析がどう進行されるかに関心が集まっている。

ヨルダン代表に敗れた後、クリンスマン監督は「指導者、監督として大会を終えて目標を達成できなかったとすれば分析して責任を取らなければいけない。より多くの分析をし、より多くの試合を振り返らなければいけない。細かく分析する必要がある」とし、「分析」と「責任」を強調した。

大韓サッカー協会は旧正月連休後に戦力強化委員会を開き、アジアカップを振り返って代表チーム運営全般について議論する計画だ。

代表チームは3月のAマッチ期間に2026北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の2試合を行う。昨年11月にシンガポール(5-0勝利)と中国(3-0勝利)に連勝してC組1位(勝ち点6)に立つ韓国は、3月21日にタイとホーム試合を行った後、26日にはタイでアウェー試合をする予定だ。韓国代表の招集日は3月18日になるとみられる。

タイの国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは113位で、韓国(23位)を大きく下回る。しかし韓国がアジアカップで3-3で引き分けたマレーシア(130位)よりも高い。

アジアカップは終わったが、クリンスマン監督のリーダーシップに対する批判は政界でも続いている。洪準杓(ホン・ジュンピョ)大邸(テグ)市長が「監督として0点」とし「違約金は鄭夢奎(チョン・モンギュ)サッカー協会会長が出すべき」と批判したのに続き、権性東(クォン・ソンドン)国民の力議員も11日、フェイスブックに「検証は終わり、サッカー協会が答える番だ」と圧力を加えた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>敗戦を分析すると言った韓国代表監督、2日後に米国へ

    2024.02.12 12:04
    뉴스 메뉴 보기
    サッカー韓国代表のユルゲン・クリンスマン監督
    TOP