주요 기사 바로가기

韓国競泳キム・ウミン、世界選手権400メートル金…朴泰桓以来13年ぶりの歴史

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.12 11:09
0
韓国競泳中長距離の看板キム・ウミン(22)が自由形400メートルの世界チャンピオンになった。自身初の世界水泳選手権メダルを金色で飾った。

キム・ウミンは12日(日本時間)、カタール・ドーハのアスパイアドームで開かれた国際水泳連盟(FINA)世界選手権2024の競泳男子自由形400メートル決勝で3分42秒71の記録で一番先にタッチパッドに触れて金メダルを首にかけた。韓国人選手が世界選手権で金メダルを獲得したのは2011年上海大会で朴泰桓(パク・テファン、3分42秒04)以降13年ぶり歴代2回目となる。2位のElijah Winnington(オーストラリア・3分42秒86)とは0.15秒の差があった。続いてルーカス・マルテンス(ドイツ・3分42秒96)が3位に入った。

キム・ウミンは2022年ブダペスト大会で初めて400メートル決勝に進出して6位に入る成果を出した。続いて昨年福岡大会決勝で5位でレースを終えて一段階順位を上げた。3回連続で決勝のスタートラインに立った今大会では予選を56人中3位(3分45秒14)で折り返し、メダル初獲得の可能性に青信号がついた。

 
第3レーンで決勝レースを始めたキム・ウミンは最初の50メートル地点を2位(25秒32)で通過した後、100メートル地点から1位に浮上した。その後は一度も先頭を譲らず、6回の折返しをトップで回った。ライバルが最後の50メートルでスパートをかけて猛追撃したが、すでに体一つ分以上の差を広げていたキム・ウミンが一番最初に決勝ラインに到着した。

今回のドーハ大会は世界トップレベル選手の多くが今年7月のパリオリンピック(五輪)を見据えて体力温存を理由に出場を断念するか出場種目を減らしていた。だが男子自由形400メートルは状況が違った。この種目の強者のほとんどがもれなくエントリーし、今大会最大の角逐場に挙げられた。キム・ウミンも今月初めのオーストラリア転地トレーニングを終えて帰国した後「難しい競争になるかもしれないが、このような状況で良い結果を出すことができればパリ五輪メダル挑戦にもっと自信を持つことができるだろう」と覚悟を固めた。

実際にキム・ウミンは最も自信がある400メートルでその確約を現実に移した。従来の自己ベスト(3分43秒92)を7カ月ぶりに1秒21も操り上げて一気に世界1位に躍り出た。韓国競泳がパリで、朴泰桓以降初めての400メートル五輪金メダリストを輩出する可能性も高まった。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP