주요 기사 바로가기

NYカーネギーホール、2年連続で韓国人ピアニストのイム・ユンチャン招請

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.12 11:03
0
ニューヨークのカーネギーホールが2年連続でピアニストのイム・ユンチャンを招請した。ニューヨークカーネギーホールは11日(現地時間)、イム・ユンチャンが来年4月25日、メイン舞台のアイザック・スターン・オーディトリウムに出演するという日程を発表した。

イム・ユンチャンは21日、カーネギーホールでデビュー舞台をする。今年に続いて来年もイム・ユンチャンの公演を企画したということだ。カーネギーホールが米国でも完売が続くイム・ユンチャンのチケットパワーを認知したとみられる。

イム・ユンチャンはアントン・ヴェーベルンの「ピアノのための変奏曲Op.27」とヨハン・ゼバスティアン・バッハの「ゴールドベルク変奏曲」を演奏する予定だ。

 
カーネギーホールは来シーズンの入場券を販売する際、個別公演チケットの販売に先立ち、シリーズで複数の公演チケットをまとめて販売する。今回はイゴール・レヴィット、内田光子ら世界的なピアニストと共にイム・ユンチャンの公演を「鍵盤の巨匠」というシリーズに分類した。

イム・ユンチャンの公演をすでに市場性が確認されたスターピアニスト公演と結びつけてマーケティングするのは、カーネギーホールがイム・ユンチャンに対する音楽ファンの需要を把握していることを意味する。21日に開かれるイム・ユンチャンのカーネギーホールデビュー舞台も昨年すでに完売となった。

ピアニストのチョ・ソンジンは4年連続でカーネギーホールの舞台に立っている。カーネギーホールはチョ・ソンジンが来年2月5日にスターン・オーディトリウムで演奏すると明らかにした。チョ・ソンジンは2022年、ウクライナ戦争直後の公演で排除されたロシアの演奏者デニス・マツーエフの代打としてカーネギーホールの舞台に立った後、「奇跡のような演奏」という評価を受け、毎年招請されている。ニューヨークタイムズの音楽批評家ジョシュア・バロンは「突然の公演だったが、すばらしかった」と評価した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP