주요 기사 바로가기

トランプ大統領、NATOに国防費分担圧力…「十分に支払わなければロシアけしかける」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.12 08:29
0
米共和党の有力な大統領候補のトランプ前大統領が北大西洋条約機構(NATO)同盟国に向けて「NATOが国防費を十分に支払わなければ、ロシアを好きに振る舞うようけしかける」と述べ、論議を呼んでいる。

11日(現地時間)のロイター通信などによると、トランプ氏は前日のサウスカロライナでの遊説で、NATO同盟国のある首脳とのNATO会合での対話に言及しながら、このように述べた。

トランプ氏は「ある大国の大統領の一人が『もし我々が金を出さずロシアの攻撃を受ければ、あなたは我々を守る考えか』と尋ねるので、私は『あなたはお金を出さなかったので債務不履行ではないか』と答えた」と伝えた。

 
トランプ氏は「私はあなたたちを守らない。実際、私は彼ら(ロシア)が好きに振る舞うようけしかけるだろう。あなたはたちは代金を支払わなければいけない」と当時の自身の発言を誇示した。

トランプ氏のこうした発言は1期目に見せた米国優先主義対外政策を固守するという意志を示唆する。特に、相手国が米国の国防力に「ただ乗り」するという在任当時の主張を越え、敵対的国家の武力使用をけしかけるという点で程度はさらに高まった。

ホワイトハウスはトランプ氏の発言を直ちに批判した。ホワイトハウスのベイツ副報道官は声明で「人を殺そうとする政権に我々の最も近しい同盟国を侵略するよう勧めるのは異常であり、米国の安保、世界の安定、米国の国内経済を危険にする」と論評した。

続いて「バイデン大統領は戦争を促して混乱を助長するのではなく、引き続き米国のリーダーシップを強化して国家安保利益を守る」と強調した。

トランプ氏はこの日、自身のSNSでも他国に対する米国の援助を大幅に減らすべきだと主張した。トランプ氏は「無償でなく貸出の形でない限り、いかなる国にも対外援助資金を提供してはいけない」と主張した。

NATOは加盟国のうち一国が攻撃を受ければこれを加盟国全体に対する侵攻と見なして対応する集団安保体制を組織運営の根幹とする。トランプ氏は在任中にこうした米国の対応義務が入ったNATO条約第5条の約束を公言せず、NATOを弱めたという指摘を受けた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    トランプ大統領、NATOに国防費分担圧力…「十分に支払わなければロシアけしかける」

    2024.02.12 08:29
    뉴스 메뉴 보기
    トランプ前大統領
    TOP