주요 기사 바로가기

<アジアカップ>開催国カタール、アジアカップ2連覇…2カ月目のロペス監督の奇跡

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.11 09:23
0
開催国カタールが「突風のチーム」ヨルダンを破りアジアサッカー連盟(AFC)アジアカップ2連覇を達成した。

ディフェンディングチャンピオンのカタールは10日、カタールのルサイルアリーナで開かれた決勝戦で、エースのアクラム・アフィフのハットトリックに力づけられヨルダンを3-1で破った。これでカタールは大会優勝に続き2大会連続で優勝トロフィーを手にする喜びを味わった。今回はホームのファンの前で達成した優勝のためカタールの選手らには意味が格別な優勝だった。

最優秀選手(MVP)は大会史上初めて決勝戦でハットトリックを記録し、得点王(8ゴール)となったアフィフが受賞した。予選リーグ3位から決勝トーナメントにかろうじて進出し、準決勝でクリンスマン監督率いる優勝候補の韓国まで2-0で撃破し波乱を起こしたヨルダンは初めて踏んだ決勝の舞台で準優勝に満足しなければならなかった。

 
アフィフのワンマンショーだった。前半22分にペナルティーキックで先制ゴールを決めたアフィフは、1-1で拮抗する後半28分にもう一度ペナルティーキックを成功されカタールに再びリードを与えた。アフィフはヨルダンが終盤に波状攻勢を広げた後半アディショナルタイムに勝負を決める3本目のペナルティーキックを入れた。決勝戦で同じ選手がペナルティーキックで3ゴールを記録したのは大会史上初だ。

カタールの優勝を予想した専門家は多くなかった。大会直前である昨年12月初めに指令塔交代という混乱を経たためだ。不適切なジェスチャーをめぐり韓国と悪縁があるポルトガル出身のカルロス・ケイロスが監督だったが、突然指揮棒を下ろした。大会開幕を1カ月余り後に控えた時期だった。カタールサッカー協会はスペイン出身のマルケス・ロペス監督に指揮官を任せた。

ロペス監督は2018年にカタール2部リーグのアル・ワクラの監督に赴任し1部昇格を導いた。その後シーズンでも着実にチームを中上位で維持し指導力を認められた「カタール専門家」だ。AFCによると、ロペス監督は「就任していくらもたっていないが選手らについてすでによく知っていたのが役立った。前任者としてすばらしい役割をやり遂げたフェリックス・サンチェス、カルロス・ケイロスを尊敬する」と話した。

ロペス監督はまた「私ならではの哲学はあるが、この成功を私1人で作ったということはできない。選手らとともに自分のやり方を実現しようと努めた。最高の結果を出そうと努力しただけ」と話した。グループリーグでは3戦全勝でA組1位となったカタールはベスト16戦でパレスチナを2-1で下し、準々決勝ではウズベキスタンと延長戦で1-1となり、PK戦でカタールが3ゴールを決め準決勝に上がった。山場だった準決勝ではまた別の優勝候補イランまで3-2で制圧し無敗のまま優勝を達成した。次のアジアカップは2027年にサウジアラビアで開催される。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <アジアカップ>開催国カタール、アジアカップ2連覇…2カ月目のロペス監督の奇跡

    2024.02.11 09:23
    뉴스 메뉴 보기
    アジアサッカー連盟(AFC)アジアカップ2023のロゴ
    TOP