주요 기사 바로가기

国際サッカー評議会、「10分退場」ブルーカード導入を検討

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.09 12:19
0
国際サッカー評議会(IFAB)がサッカーの罰則規定改善作業に入った。激しいファウル、意図的なファウルに適用するイエローカード(警告)とレッドカード(退場)に加え、グラウンドから10分間離れるブルーカード制度を新たに適用することを検討している。

英BBCは9日、「IFABがサッカー試合で審判の判定に激しく抗議したり、相手の決定的な得点チャンスを故意的な反則で断った選手を10分間の退場処分とするブルーカードの試験的運営を拡大することにした」と報じた。

ブルーカードを受けた選手は退場エリアで10分間待機した後、試合に復帰することができる。2枚を受ければ退場になる点はイエローカードと同じだ。イエローカードとブルーカードをそれぞれ1枚ずつ受けても退場となる。

 
イエローカードとレッドカードの中間に該当するブルーカードは決定的な失点危機を故意的なファウルで断ったり、審判をリスペクトしない選手と所属チームに警告以上の実質的な制裁が必要だという意見に基づいて考案された。実際、アイスホッケーやラグビーなど一部の種目はブルーカードを適用している。

ただ、この制度が実際にサッカー試合に適用されるまでは難航が予想される。イングランドプロサッカーのプレミアリーグはブルーカードシステムについて「サッカーの根幹を揺るがす」とし「適用だけでなく関連実験にも反対する」と強硬な立場を示した。国際サッカー連盟(FIFA)も「エリートサッカーレベルでブルーカード導入を論じるのはまだ早い。テストが必要なら下部リーグから適切な方法で進行されるべき」と懐疑的な態度を見せた。

ブルーカードシステムを実験中のイングランドサッカー協会(FA)の立場はやや異なる。2018-19シーズンのユースサッカーリーグでフェアプレー精神を強調するために該当制度を活用したところ、31のユースアカデミーリーグで判定への抗議が38%減少するなど実質的な効果を確認した。その後、男子ナショナルリーグ(アマチュアリーグ)所属の5リーグと女子サッカー3部リーグ以下にこの制度を適用して活用中だ。

IFABは「来月2日にスコットランド・グラスゴーで開催される会議でブルーカード導入範囲を拡大する案件を承認する」とし「ラグビーのように判定に対する抗議は各チームの主将だけができるよう規定を変更することも考慮している」と明らかにした。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP