주요 기사 바로가기

「ホテルに行こう」俳優の実名公開したハン・ソヒさん、通信メディア利用淫乱・名誉毀損で告発される

ⓒ 中央日報日本語版2024.02.09 08:22
0
俳優とのメッセージのやりとりだとしてチャットの一部を公開していたハン・ソヒさんが名誉毀損および通信メディア利用淫乱罪容疑などで告発された。

韓国メディア「マネートゥデイ」の報道によると、7日、ソウル警察庁にキム・ソヨン弁護士(法律事務所Will)を代理人とした告発状が届いた。該当の告発状にはハンさんの容疑「性暴力犯罪の処罰等に関する特例法違反(通信メディア利用淫乱)、刑法上脅迫、情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律違反(名誉毀損)」などが指摘されていた。

これに先立ち、ハンさんは自身が使用していたオープンチャットルームに、俳優Aさんとやりとりしたと主張するメッセージのキャプチャーを公開した。

 
やりとりの内容にはAさんの実名が登場し、ハンさんはAさんとの親密さを自慢しながらホテルに一緒に行こうと誘うくだりが登場する。性的な発言もやりとりの中に含まれていて、オンラインコミュニティではこのやりとりが公開されてから、Aさんに対するデマなど多くの話題が提起された。

告発人は、ハンさんがAさんに関係を迫るものの返事が遅れると脅迫を始め、Aさんは返事をした後にハンさんを遮断したと明らかにした。そのうえで「このやりとりの内容を不特定多数が見ることができるオープンチャットルームにシェアして拡散し、まるでAさんが被告発人と普段から性関係のある間柄かのように暗示する方法でAさんの名誉を傷つけた」と伝えた。また、ハンさんがAさんに対して性的羞恥心や嫌悪感を感じさせるような言葉を使っていた点も指摘した。

その後、ハンさんは該当のやりとりが自作劇だったと主張したが、実際にハンさんがメッセージをやりとりした翌日にこのやりとりの中で言及されたホテルに実際に訪問した写真をSNSに掲載したため、やりとりの内容やAさんとの関係が不特定多数に既成事実化した状態だ。Aさんのファンもまた、ハンさんの一方的な実名公開および未確認事実の流布などに深い懸念を示している。

告発人は「被害者Aさんは麻薬事犯のハンさんと性関係まで結ぶほどの深い関係等のデマが広がり、取り返しのつかない大きな被害を受けた」と説明した。

一方、ハンさんは2016年ごろに大麻喫煙容疑を受けて懲役3年・執行猶予4年を言い渡されたことに続き、執行猶予期間中の2020年6月にメタンフェタミン(別名ヒロポン)使用容疑で裁判を受けた。また2021年11月に懲役1年6月を宣告されて法廷で拘束された。

ハンさんはすべての判決を不服としたが、大法院(最高裁)はハンさんの麻薬類管理法違反(向精)容疑に対する上告を最終棄却した。ハンさんは刑期を終えて昨年11月に出所した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ホテルに行こう」俳優の実名公開したハン・ソヒさん、通信メディア利用淫乱・名誉毀損で告発される

    2024.02.09 08:22
    뉴스 메뉴 보기
    ハン・ソヒ[中央フォト]
    TOP