주요 기사 바로가기

韓国野党院内代表「ブランドバッグをブランドバッグと呼べない空っぽの対談」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.08 13:06
0
共に民主党の洪翼杓(ホン・イクピョ)院内代表が尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の特別対談を「空っぽの対談」と酷評した。「度重なる失政と誤りにも反省一言もなく弁解から始め、自己合理化で終えた」と批判した。

洪院内代表は8日、国会で開かれた政策調整会議で「国民的非難を浴びている問題に対して自由な質問と真実な回答ではなく、言い訳でごまかそうとしてむしろ怒りを募らせただけだ」と述べた。

また「国民が聞こうとした真心の込めた謝罪、反省、慰労や共感の何一つも含まれなかった」として「大統領が受け取った贈り物と数百億ウォンを投じて作った執務室の自慢だけを並べたもの」と批判した。

 
また「よく組まれた脚本で今の苦しい境遇を免れようとしたが、不十分な回答で国民的公憤だけを買った」として「尹錫悦政権がKBSを通じて録画後に編集した広報用映像を流したのはむしろ国民とかけ離れた不通だけが確認された時間だった」と指摘した。

洪院内代表は「ブランドバッグをブランドバッグと呼べないアンカー、賄賂の意味を持つブランドバッグの不法授受問題を残念だと見過ごす姿は国民と法の上に君臨する傲慢を再び確認させた」と追い詰めた。さらに、「尹大統領は青瓦台(チョンワデ)が九重の奥だとし、竜山に執務室を移す名分にした。しかし、九重の奥に閉じ込められ、帝王的権力に酔っているのが自分ではないか、振り返ってほしい」と強調した。

KBSの責任も問われた。洪院内代表は「尹錫悦政権に入った後、朴敏(パク・ミン)社長の就任とともにまるで軍事作戦のようにKBSを占領して全斗煥(チョン・ドゥファン)時代の御用放送に戻ったようだ」として「全斗煥時代の『コリアンバカ作りシステム』と言われるような御用放送に戻りたいのか」として声を高めた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国野党院内代表「ブランドバッグをブランドバッグと呼べない空っぽの対談」

    2024.02.08 13:06
    뉴스 메뉴 보기
    共に民主党の洪翼杓院内代表が1日午前、国会で開かれた政策調整会議に参加して発言している。キム・ソンリョン記者
    TOP