주요 기사 바로가기

<アジアカップ>韓国、歴代最強メンバーで惨敗…ファンが「ペルー・エルサルバドル」に言及した理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.07 10:14
0
「ペルー・エルサルバドルサッカーの近況」という掲示物がインターネットコミュニティーで注目を集めている。クリンスマン監督が率いるサッカー韓国代表が7日、アジアカップの準決勝でヨルダン代表に0-2で完敗した後からだ。

エルサルバドルとペルーはユルゲン・クリンスマン監督が韓国代表の指揮棒を握った後に韓国代表と対戦した国だ。

 
クリンスマン監督の韓国代表は昨年6月16日に釜山(プサン)で行われたペルー代表との評価試合で0-1で敗れた。その4日後の昨年6月20日に大田(テジョン)で行われたエルサルバドル代表との試合では1-1で引き分けた。当時のエルサルバドル代表は韓国代表と試合の5日前に行われた日本代表との評価試合で0-6で惨敗した。

中南米から飛行機に乗って長距離を移動してきたチームを相手に拙戦を見せ、クリンスマン監督には激しい非難が向かった。

一部のサッカーファンがアジアカップ惨敗後にまたペルー・エルサルバドル代表に注目したのは、アジアカップで表れた韓国代表の競技力と未来に対する不安感のためだ。

現在、ペルー代表は2026ワールドカップ(W杯)南米予選4敗2分けで10カ国のうち最下位だ。10カ国のうち現在まで1勝もしていないチームはペルーだけだ。ペルーは6試合で1得点8失点と不振が続いている。

エルサルバドルは北中米サッカー連盟で2026W杯予選を行う。この地域はまだW杯予選が始まっていないが、エルサルバドルの成績も良くない。昨年6月27日にフランス領マルティニークとの試合で1-2で敗れるなど、その後の10試合で5敗5分けと一度も勝利していない。人口16万のオランダ領キュラソー島とも2回、1-1で引き分けた。

サッカーファンは孫興慜(ソン・フンミン、トッテナム)、金玟哉(キム・ミンジェ、バイエルン・ミュンヘン)、李康仁(イ・ガンイン、パリ・サンジェルマン)のような才能ある選手を保有する韓国サッカーがペルーやエルサルバドルのレベルにまで落ちたのではと心配している。

実際、韓国は今回のアジアカップ6試合で10失点するなど守備の組織力に弱点を表した。ヨルダンと準決勝戦は有効シュートが1本もない完敗だった。

クリンスマン監督はヨルダン戦の後、「韓国に戻ってから今大会を分析し、大韓サッカー協会とどこが良くてどこが悪かったかを話し合う」と述べ、辞意がないことを明確にした。

また次の目標に2026国際サッカー連盟(FIFA)北中米W杯を提示した。クリンスマン監督は「2年半の間、北中米W杯を目標にチームがさらに発展しなければいけない。難しい予選も進んでいかなければいけない」とし「我々の前には課題が多い」と話した。

韓国は2026北中米W杯アジア2次予選で中国、タイ、シンガポールと同じ組に属していて、現在2勝で1位だ。2026北中米W杯は本大会出場国が従来の32カ国から48カ国に増えた。これに伴い、AFC傘下の国に配分される本大会出場チケットは4.5枚から8.5枚に拡大した。

韓国は今大会でマレーシアとも3-3で引き分けた。今のような競技力なら北中米W杯出場は険しい道のりになるかもしれない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <アジアカップ>韓国、歴代最強メンバーで惨敗…ファンが「ペルー・エルサルバドル」に言及した理由

    2024.02.07 10:14
    뉴스 메뉴 보기
    韓国サッカー代表チーム
    TOP