주요 기사 바로가기

<アジアカップ>欧州組20人「脱アジア」叫んだ日本、8強で敗退

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.05 07:50
0
アジアカップで有力な優勝候補だった日本がイランの壁を越えられず崩れた。

国際サッカー連盟(FIFA)ランキング17位の日本代表は3日、カタールのエデュケーション・シティ・スタジアムで行われた準々決勝で「中東の強豪」イラン代表(21位)に1-2で逆転負けした。1-1の後半ロスタイムにイランがPKを獲得し、これを決めた。日本が敗退したことで、韓国-日本の決勝対決もなくなった。

 
日本はその間、「脱アジア」を叫びながら競争力を高めてきた。2022年カタールワールドカップ(W杯)ではスペインとドイツを相次いで2-1で破って決勝トーナメントに進出し、昨年は欧州遠征評価試合でドイツとトルコを相手に4得点ずつして大勝した。アジアカップ開幕を控え、一部の欧州組の間では「アジアカップは(W杯よりレベルが低く)モチベーションにならない」という声も出てきた。

その日本が8強で敗退したのは内部的要因で自ら崩れた結果だ。競技力の面では「GKリスク」が致命的だった。日本代表の森保一監督が主力GKに選択したガーナ系日本人の鈴木彩艶(22)がミスを連発し、守備陣も共に揺らいだ。大会直前のAマッチ10試合で6失点(45得点)だった日本は今大会5試合で8失点した。一部のファンが深刻な人種差別的な投稿をして鈴木がミスを繰り返す悪循環が繰り返された。それでも森保監督はGKを交代しなかった。

試合の外での悪材料もあった。主力FW伊東純也(レンス)が大会途中に性加害容疑で訴えられ、ロッカールームの雰囲気が沈んだ。当初、伊東の離脱を宣言した日本サッカー協会(JFA)が決定を撤回しようとしたが、世論の逆風を受けてまた離脱に変更するなどし、事態を拡大させた。

日本メディアは選手団に粘り強さがない点を批判した。ゲキサカは「韓国とは対照的に日本は最後の最後で我慢しきれなかった」と指摘した。アジアカップ現場の日本取材陣の間では「日本は(26人のエントリーのうち)20人が欧州組だったが、孫興慜(ソン・フンミン)のようなリーダーが一人もいない」という声が出ていた。

一方、イランは優勝候補筆頭の日本に逆転勝ちし、底力を見せた。韓国に劣らない集中力と勝利への意志が目を引いた。イランはウズベキスタンに勝利した開催国カタールと8日0時に準々決勝で対戦する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <アジアカップ>欧州組20人「脱アジア」叫んだ日本、8強で敗退

    2024.02.05 07:50
    뉴스 메뉴 보기
    アジアサッカー連盟(AFC)アジアカップ2023のロゴ
    TOP