주요 기사 바로가기

韓国、最近の消費トレンドは「矛盾の日常化」…「おまかせ」楽しみながら無支出決心

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.09 11:18
0
一貫性がなく状況と時流によって速いペースで好みや行動、態度が変わる「矛盾の日常化」が最近の消費トレンドに選ばれた。

デホン企画は2024年の消費トレンドを予想し、これに対応するブランドマーケティング戦略を提示する「2024 D.ライフシグナル」リポートを8日に出した。ビッグデータ(ソーシャルメディア)とスモールデータ(アンケート調査)を総合分析し、消費現象のトレンドに注目した。

デホン企画は、ブームが突然消えたり正反対に向かう消費行動が共存する現象を現在のトレンドの特徴と見なした。最近、若者が熱狂して急成長したゴルフや「おまかせ」などが突然下降し、昨日まで「フレックス」(誇示型消費文化を意味する新造語)を叫んでいた人たちがオープンチャット「物乞いルーム」で無支出を決心するという形態だ。

 
また、物価高の影響で支出を減らす中でも数十万ウォンの公演チケットは完売することも多く、旅行・宿泊支出は急増した。刺激的な味の麻辣湯(マーラータン)やタンフル(フルーツ飴)が流行する半面、食品業界には人工甘味料や化学添加物を減らす「ゼロ」ブームが起きている。ドーパミンあふれるコンテンツで刺激的な楽しさを追求しながらも、パンダ「福宝」のかわいい姿に引かれて記念品の購買に財布を開いたりもする。

報告書はこのように一貫性がなく両極端に広がる消費認識と行動を「矛盾の日常化」と定義した。また長期化する不況と急変する世相の中で、消費者の関心と興味は多様に変化していると診断した。このような時代のブランドの接近戦略として▼境界のない連想▼創意的な連結▼経験を提供する商品演出--を提案した。デホン企画のカン・スンヘ・インサイト2チーム長は「誰がより興味深く、意外性があるように、賢く連想、連結して演出するかが対応のカギ」とし「結局、最も必要なのは、人だけができる考えと企画力のヒューマンシンキング(Human Thinking)」と強調した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、最近の消費トレンドは「矛盾の日常化」…「おまかせ」楽しみながら無支出決心

    2023.12.09 11:18
    뉴스 메뉴 보기
    ロッテ百貨店仁川(インチョン)店地下1階の食品館 キム・ミンサン記者
    TOP