주요 기사 바로가기

イスラエル前参謀総長の息子、ガザ地区戦場に投入されて戦死

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.08 14:07
0
パレスチナの武装組織ハマスとの戦争を率いているイスラエル戦争内閣の長官の息子がガザ地区の戦場で戦死した。

7日(現地時間)、ニューヨーク・タイムズやBBCなど外信によると、イスラエル国防軍(IDF)は退役中将ガディ・アイゼンコット氏(63)の息子ガル・アイゼンコット曹長(25)がガザ地区北部のジャバリアで死亡したと明らかにした。遊撃隊予備軍人のガル曹長はトンネル垂直通路の爆発で重傷を負って病院に運ばれたが息を引き取ったと現地メディアは伝えた。

父親のガディ予備役中将は2015~2019年イスラエル国防軍参謀総長を務めた。約40年間軍生活をしたガディ氏は昨年政界に入門し、国家統合党の議員として現在のネタニアフ首相が率いる戦時内閣に参加している。

 
ガディ氏は息子が重傷を負ったことを聞いた時、イスラエル南部の状況室(ウォールーム)を訪問中だった。IDFはこの日夕方、ガル曹長の戦死を発表した。

ネタニヤフ首相は声明を出して「勇敢な戦士であり真の英雄」としながら「英雄の死は無駄ではない。我々は勝利するまで戦い続ける」と述べた。

ヤイル・ラピド元首相はX(旧ツイッター)に、軍服を着て抱擁しているアイゼンコット親子の写真を添えて「彼らは招集に応じ、必要とされる時に現れ、必要なことをする。国家の運命が一度の抱擁で決まる」と追悼した。

IDFはこの日ガル曹長を含めて少なくとも2人がガザ地区で交戦中に亡くなったと発表した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    イスラエル前参謀総長の息子、ガザ地区戦場に投入されて戦死

    2023.12.08 14:07
    뉴스 메뉴 보기
    イスラエルのガディ・アイゼンコット前参謀総長(右)と戦死した息子ガル・アイゼンコット曹長(左)。[写真 SNSキャプチャー]
    TOP