주요 기사 바로가기

父の銃を持って学校に行った…ロシアの女子中学生、銃乱射事件後に極端選択

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.08 10:44
0
ロシアのブリャンスク州のある学校で中学生が銃を乱射し、2人が死亡し、4人がけがした。死傷者はいずれも10代だ。

7日(現地時間)、タス通信は同地域のある校舎に8年生(中学2年生)の女子生徒が銃を持って入り数発を撃ったと報じた。

ブリャンスク州当局はテレグラムを通じて「現地時間で午前9時15分、5番体育館で発生した緊急状況に対するメッセージを受けた」とし、「事前情報によると、8年生の生徒が武器を学校に持ってきて銃撃を始めた」と知らせた。

 
この銃撃で5人がけがして病院に搬送され、このうち1人は結局死亡した。銃を乱射した生徒は、自分に銃を向け、自ら命を絶った。

ある消息筋は、「警察が現場に到着し、建物の出入りを統制し、銃を乱射した生徒と交渉を始めたが、結局極端な選択をした」と話した。

この生徒は父親が合法的に所有していた猟銃で犯行を行ったことが分かった。

捜査当局は、銃を乱射した生徒とクラスメートの葛藤が事件の原因である可能性が大きいと判断している。

当局は銃撃殺人に対する調査を開始し、この生徒に対する事後審・精神鑑定を行う方針だ。

この生徒の父親も銃器保管と生徒が銃器を持っていった経緯などに対する取り調べを受けている。

ロシア保健・社会開発省と教育省は同校の生徒や教師、保護者を対象に医療・心理的支援を提供する方針だと明らかにした。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    父の銃を持って学校に行った…ロシアの女子中学生、銃乱射事件後に極端選択

    2023.12.08 10:44
    뉴스 메뉴 보기
    ロシアの国旗
    TOP