주요 기사 바로가기

「注文と違う」従業員の顔に皿を投げつけた米国人女性に与えられた罰は

ⓒ 中央日報日本語版2023.12.08 08:55
0
米国の有名フランチャイズの飲食店で料理が入った皿を従業員の顔に投げつけた女性が60日間、ファーストフード店で働くことになった。

6日(現地時間)、米CNNなどによると、オハイオ州パーマ裁判所は4児の母ローズマリー・ヘイン被告(39)に懲役1カ月、ファーストフード店勤務2カ月を宣告した。

ヘイン被告は9月5日、有名フランチャイズ・チポトレメキシカングリルに訪問し、マネージャーのエミリー・ラッセルさん(26)に料理が入っている皿を投げつけた疑いで裁判に付された。

 
事件当時、ヘイン被告は提供された料理は注文したものと異なるとし、17歳の店員に大声を上げて抗議し、スタッフを守るためにラッセルさんが対応した。その後、ラッセルさんはヘイン被告の要求により料理を提供し直したが、ヘイン被告は再びラッセルさんのところに来て料理が入った状態の皿を投げつけた。

ラッセルさんは顔にやけどを負い、髪の毛に食べ物が付着した状態でさらに4時間勤務を続けたが、ショックを受けて退職した。この場面は当時、飲食店に居合わせた客によってオンライン上で話題になった。

警察に逮捕されたヘイン被告は裁判にかけられ、懲役3カ月を宣告される予定だった。しかし、宣告当日、事件担当判事のティモシー・ギルモア判事は「刑務所で時間を過ごす代わりに被害者の立場で反省してみるか」と提案し、ヘイン被告はこれを受け入れた。ギルモア判事は懲役30日、ファーストフード店での勤務60日を宣告した。

CNNは「現在、ヘイン被告は週に20時間働けるファーストフード店を探している」とし、「ヘイン被告は追加で250ドルの罰金を払い、2年間の保護観察も受けることになる」と伝えた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「注文と違う」従業員の顔に皿を投げつけた米国人女性に与えられた罰は

    2023.12.08 08:55
    뉴스 메뉴 보기
    9月5日、ローズマリー・ヘイン被告が店員に料理の入った皿を投げつけている。[X(旧ツイッター) キャプチャー]
    TOP