주요 기사 바로가기

大統領室「来年の韓日米首脳会談、韓国開催を打診中」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.07 16:35
0
来年の韓日米首脳会談を韓国で開催する計画を推進中だと、韓国大統領室が7日明らかにした。

大統領室の関係者はこの日、龍山(ヨンサン)大統領室で記者らに対し「年に1回ほど、いかなる契機でも韓日米の首脳が会えればよいというのがキャンプデービッド合意事項」とし「わが国としては韓国に日本と米国の首脳を招待し、韓日米首脳会談を開こうと意思を打診中」と伝えた。

続いて8-9日に予定された韓日米安保高官協議の議題については「4月の国賓訪米をきっかけに韓米間で協議した内容、8月にキャンプデービッドで協議した内容に基づき、韓日米間の従来の国家安保事案はもちろん、経済安保、先端技術、サイバー、そして未来世代の交流にいたる広範囲な範囲で分野別の対話体を設け、これを通じて具体的な協議事項を引き出すという約束の延長線で行われるだろう」と説明した。

 
この関係者は「金曜日(8日)に韓米間の別途の安保高官協議、土曜日(9日)に韓日米安保高官協議をした後、韓米間の先端技術保護協議もする予定」とし「韓米間、韓日米間の多くの議題をカバーできるだろう」と強調した。

韓日米安保高官協議には韓国の趙太庸(チョ・テヨン)国家安保室長、米国のサリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)、日本の秋葉剛男国家安全保障局長が出席する。

また、来週オランダを国賓訪問する尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は12日(現地時間)、オランダのウィレム・アレキサンダー国王、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子会長、崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長らと共に南東部フェルトホーフェンの半導体装備企業ASML本社を訪問する予定だと、金泰孝(キム・テヒョ)国家安保室第1次長が記者会見で明らかにした。

ASMLは半導体超微細工程に必須の極端紫外線(EUV)露光装備を世界で唯一生産する企業。ASMLは半導体を生産する「クリーンルーム」を外国の首脳に初めて公開する。

尹大統領は最新露光装備生産現場を視察し、ASMLを含む主要半導体企業と共に専門家養成、次世代技術研究・開発分野の協力案について議論する予定だ。別に開かれるマルク・ルッテ首相との会談でも半導体が重点的に議論される予定だ。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP