주요 기사 바로가기

「戦争よりも現地中小企業が脅威」 中国国内の米CEOの悩み

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.07 14:52
0
激しい米中競争の雰囲気の中、中国現地の米国企業が感じている最も大きなリスクは何か。安全保障、中国・台湾戦争、米中関係などを挙げる外部の推測とは違い、中国の中小企業との競争が最も大きな脅威という分析があり、注目を集めている。現場で米国企業関係者の声を代弁する上海AMCHAM(米国商工会議所)会長の発言であるだけに重みが感じられる。

米シンクタンクのスタンフォード中国経済制度センター(SCCEI)と米戦略国際問題研究所(CSIS)の共同主催で「ビッグデータ中国第2回定期カンファレンス」が5日、「競争時代の中国の成長と対外関係見通し」というテーマで開催された。上海AMCHAMのシーン・スタイン会長はこの日、「中国にいる米国企業CEOが眠れなくなる最も大きなリスクは中国の中小企業」と述べた。

スタイン会長は「米国本土にいる政策決定権者はよく米国が軍事、経済、科学技術、価値観の4つの分野で中国と戦略的競争をしていると信じている」とし「しかし事実上、中国内の米国企業にとって最も大きな圧力は第5の分野『中国内部での競争』だ」と強調した。

 
スタイン会長によると、中国国内で事業を運営する複数の米国のCEOが見た最も大きな市場リスクは、安保イシュー、台湾問題、米中関係ではなく中国中小企業との競争だった。スタイン会長は中国の多くの中小規模の企業は優秀で過重業務もこなす勤勉さまで兼ね備えた人材が集まっていて、いつでも米国企業を脅かす可能性があると説明した。

上海AMCHAMは昨年、1000余りの会員企業を対象に「中国内の事業で今後2、3年以内の最も大きなリスクは何か」というアンケート調査を実施した。その結果、最も多い52%が、知識財産権(IP)や米中関係などではなく「中国国内での競争」と答えた。

今年の調査でも最多は同じく「中国国内での競争」だった。回答者の約75%は自社製品の品質や研究開発(R&D)力量がまだ中国に比べてかなり優れていると答えたが、多くの米国企業のCEOは中国企業を脅威と見ていた。中国内の市場シェア伸び率、デジタル戦略と新技術の活用、市場マーケティング戦略、許認可手続きなどの部分で中国企業がはるかに優れているということだ。

米企業は中国内の事業を継続すべきかという質問に対し、スタイン会長は「米国企業が中国を離れる場合、中国内の革新と速い変化を把握できなくなる」とし「それは世の中で最も厳しい競争を経験する機会を失うことであり、新しい能力と技術を習得する機会も逃すことになる」と答えた。また「今のような競争時代に米国が中国市場を放棄すれば、国家競争力も向上しなくなり、中国との経済分野での競争も難しくなるだろう」警告した。

最近さらに激化している米中競争のため、中国内のビジネス環境が悪化し、不確実性も高まっている。現時点で中国市場からの撤収を悩んでいる韓国企業も多いだけに、スタイン会長の発言は示唆する点が少なくない。

中国の上海と沈陽で米国総領事を務めたスタイン会長は現在、グローバルローファーム「コヴィントン&バーリング」で中国公共政策実務分野の共同議長を務めている。沈陽総領事在任当時、スタイン会長は米国内に10億ドル以上の中国投資を誘致し、数十の米国企業を中国市場に進出させた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP