주요 기사 바로가기

BLACKPINK全員再契約にも…所属事務所側が喜んでばかりもいられない理由(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.07 14:11
0
◇もう一つの課題、沈黙の期待株

YGのもう一つの悩みは先月27日にデビューしたばかりの新人ガールズグループ、BABYMONSTER(ベイビーモンスター)だ。BABYMONSTERはYGが7年ぶりにデビューさせたガールズグループだ。2NE1(トゥエニィワン)、BLACKPINKなど以前のガールズグループとは別に、ヤン・ヒョンソク総括プロデューサーが直接製作を引き受けるほどYGの期待を一体に集めた。BLACKPINKの後に続く核心IPとして育成することがYGの構想だ。

序盤の成績はまだ期待に達していない。デビュー曲『BATTER UP』はメンバー選抜オーディション過程で結集したグローバルファンダムの勢いに乗ってYouTubeミュージック「グローバル週間チャート/トップ100」1位に入った。しかし韓国音源チャートであるMelOn・Genie(ジニー)・FLO・Bugs!(バグス)では10位圏外だった。最近ライバル会社の新人ガールズグループがデビューと同時に国内外の音源チャート首位を席巻したことと比べるとやや残念な成績だ。

 
ライバル会社よりもIPが少なく、売上規模が小さいことも克服しなければならない問題だ。今年7-9月期基準の4大芸能事務所の営業利益はHYBE(727億ウォン)・SM(505億ウォン)・JYP(438億ウォン)・YG(212億ウォン)の順だった。BLACKPINKの他に収入源を追加で発掘してこそ対等な競争が可能になる。大信証券のイム・スジン研究員は「BLACKPINK再契約の有無とは関係なく、2024年は完全体の休息期と予想されていて売上下落は避けられない展望」としながら「未来成長戦略に公演事業が核心であることからBABYMONSTERのコンサート早期実現が必要」と分析した。

BLACKPINK全員再契約にも…所属事務所側が喜んでばかりもいられない理由(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    BLACKPINK全員再契約にも…所属事務所側が喜んでばかりもいられない理由(2)

    2023.12.07 14:11
    뉴스 메뉴 보기
    BABYMONSTER(ベイビーモンスター)はYGが7年ぶりにデビューさせた新人ガールズグループだ。[写真 YGエンターテインメント]
    TOP