주요 기사 바로가기

「もっと子供が欲しい」…それぞれ異なる代理母を通じて赤ちゃん3人を得た60代男性=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.07 12:01
0
「子供がもっと欲しい」と代理母たちにお金を支払って赤ちゃん3人を産ませた60代の男性とブローカーなどが警察の取り調べを受けている。

仁川南東(インチョン・ナムドン)警察署は6日、児童福祉法上、児童売買の疑いで代理母A氏(38、女)や依頼人B氏(60、男)、2人を連結したブローカーC氏(52、女)の2人を在宅起訴したと発表した。

A氏は2016年9月28日、釜山(プサン)の病院でB氏の精子で妊娠した男の子Dくんを出産した後、B氏側に渡した疑いが持たれている。

 
また、2015年、インターネットサイトを通じて知り合ったブローカーから出産費、病院費、生活費などの名目で5000万ウォンを受け取り、代理母の役割を果たしたことが分かった。

彼らの犯行は政府が「出生未申告児童」に対する全数調査を行う過程で明らかになった。

これに先立ち、京畿南部警察庁女性青少年課は平沢市(ピョンテクシ)の依頼で捜査に着手し、B氏と他の代理母E氏など計4人を同じ疑いで立件した。

B氏はC氏などブローカーを通じてDくんを含め、計3人の赤ちゃんをそれぞれ異なる代理母を通じて得たことが分かった。彼らはB氏が育てていると伝えられた。

B氏は警察の取り調べで「すでに成人した子供たちがいるが、子供がもっと欲しくて代理母を通じて出産した赤ちゃんを渡された」と供述した。

警察関係者は「代理母の住所地により各地域を担当する地方警察庁や警察署で捜査を進行中」と話した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「もっと子供が欲しい」…それぞれ異なる代理母を通じて赤ちゃん3人を得た60代男性=韓国

    2023.12.07 12:01
    뉴스 메뉴 보기
    [写真 pixabay]
    TOP