주요 기사 바로가기

戦闘機4機の護衛受けサウジ皇太子に会いに行ったプーチン氏、「減産同盟」固める

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.07 11:57
0
ウクライナと戦争中のロシアのプーチン大統領が6日に中東歴訪に出たとロイター通信などが報道した。プーチン大統領が旧ソ連の衛星国だった周辺国以外の海外歴訪に出るのは異例だ。

ロシア大統領府によると、プーチン大統領はこの日アラブ首長国連邦(UAE)とサウジアラビアを順次訪問した。プーチン大統領はサウジの実権者ムハンマド・ビン・サルマン皇太子と会談し、「皇太子とモスクワで会うことを期待したがさまざまな状況が当初計画に影響を与えた。いかなるものも私たちの友好関係発展を防ぐことはできない。次はモスクワで会うことを期待する」と発言した。サルマン皇太子はプーチン大統領に「世界の利益のためロシアとともに働ける」と前向きにこたえた。2人は中東情勢に関しても話を交わしたと国営サウジ通信が伝えた。

外信は、プーチン大統領がサルマン皇太子との会合を通じて「減産同盟」を誇示しようとしているとの分析を出している。世界の石油生産量の40%を占めるロシアとサウジは産油国協議体であるOPECプラスを通じて産油量を調節してきた。これと関連しフランス24は「プーチン氏の中東歴訪は最近のロシアの減産発表にもかかわらず国際原油価格が下落した後に行われた」と指摘した。

 
これに先立ちプーチン大統領はUAEのアブダビでも歓待を受けた。UAEのムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン大統領はプーチン大統領を「親愛なる友人」と呼んだ。プーチン大統領は「両国関係は過去最高の水準。UAEはアラブ世界でロシアの主要貿易パートナーだ」とこたえた。これと関連し英フィナンシャル・タイムズはウクライナ戦争で西側陣営の制裁に直面したロシア企業にUAEは迂回ルートになってきたと指摘した。プーチン氏がUAEを訪問した6日は気候変動対策を話し合う国連の会議「COP28」が開かれる期間で、ウクライナ代表団も出席している。

ロシア国防省は同日現地メディアを通じプーチン氏の専用機を戦闘機が護衛しながら飛行する動画も公開した。動画にはロシアの主力戦闘機であるSu35Sが4機編隊で専用機の周囲をともに飛行する様子が写っている。ロシア国防省は「戦闘機にはミサイルも装着した状態だった」と明らかにした。

プーチン大統領の中東歴訪はウクライナとイスラエルで「2つの戦争」が展開する中で行われた。プーチン大統領は3月に国際刑事裁判所(ICC)から逮捕状が出されてから海外歴訪を控えてきた。キルギスタンと中国を除きBRICs首脳会議のような国際会議には主にオンラインで参加してきた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    戦闘機4機の護衛受けサウジ皇太子に会いに行ったプーチン氏、「減産同盟」固める

    2023.12.07 11:57
    뉴스 메뉴 보기
    ロシア国防省が6日に公営放送を通じて公開した動画にはロシアの主力戦闘機Su35Sがプーチン大統領の専用機を護衛飛行する姿が写っている。[X(旧ツイッター) キャプチャー]
    TOP