주요 기사 바로가기

「私が死ねば無条件に自殺というわけではない」…韓国野党代表の疑惑の証人、車追突事故

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.07 09:46
0
「大庄洞(デジャンドン)開発特恵疑惑」裁判の核心証人、ユ・ドンギュ元城南(ソンナム)都市開発公社企画本部長(54)の車追突事故を調査中の警察が、ユ氏側の責任が大きいとみていることが確認された。

京畿道儀旺(ウィワン)警察署によると、5日午後8時25分ごろ、代行運転手A(64)が運転するユ氏の乗用車SM5とB(61)が運転する8.5トントラックが峰潭(ポンダム)・果川(クァチョン)高速化道路下り線の月岩(ウォルアム)IC-西水原(ソスウォン)IC区間で追突した。

事故はユ氏の乗用車が片側3車線道路の3車線から2車線に車線変更をする瞬間、1車線から2車線に先に進入したB氏のトラックに追突されて発生した。トラックはSM5の左側後方に強く衝撃した後に停止し、SM5は時計の反対周りに回転して中央分離帯に正面からぶつかって停止した。

 
事故当時の状況はトラックのブラックボックスに映っていた。トラックの破損は少なかった、ユ氏が乗っていた乗用車は直接衝撃を受けた運転席の後方側面がひどく歪んでいるのが把握された。警察関係者は「乗用車が、先に進入したトラックと追突した事故とみている」とし「事故の経緯に対する関心が高いため、今日(6日)午前にも事故現場に交通事故調査官を送った。京畿(キョンギ)南部警察庁交通事故調査係、道路交通公団と共に疑問が残らないよう調査する」と話した。ただ、警察はトラックが指定車線(3車線)でなく1車線で走行した点に対しては過怠金を科す方針だ。

事故当時、ユ氏は助手席に乗っていた。出動した119救急隊により安山(アンサン)檀園病院に搬送されたユ氏は事故当日に治療を受けて帰宅した。ユ氏は中央日報の記者に「事故当時に肩を打ち、寝て起きると全身がずきずきと痛む」とし「制限速度時速90キロ区間で100キロで走っていたトラックに追突された事故だが、どうすれば前の車が加害車両になるのか」と反問した。続いて「事故当時は死ぬかと思った。2次事故が起きなかったのは天運だと考える」とし「私が死ねば無条件に自殺ということではない。昨日そのように死んでいれば李在明(イ・ジェミョン)代表は拍手をしたはず」と話した。

河泰慶(ハ・テギョン)国民の力議員はこの日、YTNラジオ番組で「この記事を見た多数の国民は『これは阿修羅の続編ではないか』と思うだろう」と話した。続いて「何らかの陰謀があるとは考えていない」としながらも「李代表の周辺に疑問の死が多かっただけに、国民は疑いの目で眺めると思う」と語った。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「私が死ねば無条件に自殺というわけではない」…韓国野党代表の疑惑の証人、車追突事故

    2023.12.07 09:46
    뉴스 메뉴 보기
    ユ・ドンギュ元城南都市開発公社企画本部長
    TOP