주요 기사 바로가기

イスラエル、ガザ地区南部で市街戦に突入…CNN「戦争来年1月まで続く」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.06 17:39
0
イスラエル軍が5日にガザ地区南部最大の都市であるハンユニスに対する市街戦を本格化した。パレスチナのイスラム組織ハマスはイスラエル兵数十人を射殺したとし、イスラエル軍が攻撃を中断しなければ人質交渉に応じないと対抗した。一方、イスラエルのネタニヤフ首相は、ハマスが除去されたらガザ地区は非武装地帯にならなければならないと主張した。

ロイター通信とニューヨーク・タイムズなどによると、イスラエル軍南部軍司令官のフィンケルマン少将はこの日、「われわれは今晩からハンユニスの心臓部に進入する」と宣言した。その上で「ハマス戦闘員の射殺数、交戦回数、武器使用回数の側面で最も激烈な戦闘になるだろう」と話した。

◇ハンユニス市街戦本格化…「開戦後最高レベルの空爆」

 
ロイター通信は戦車を前面に出したイスラエル軍がすでにハンユニス市内に到達したと報じた。イスラエル軍の戦車がここに進入したのは開戦後初めてだ。ロイターによると、イスラエル軍の戦車はハンユニス東側のバニ・スヘイラに進入し、一部の戦車は市内の住宅団地ハマドシティに入った。

イスラエル軍は前日夜からハンユニスを空爆した。周辺の通信を遮断し東部・北部地域を50回以上攻撃した。BBCは「開戦後最高レベルの空爆」と伝えた。パレスチナメディアのワファ通信は今回の空爆により最小40人のパレスチナの民間人が死亡したと報道した。

イスラエル軍はハマス指導部の相当数がハンユニスに潜伏しており、人質の多くもここに拘束されていると判断している。最優先除去対象であるハマスの最高指導者ヤヒヤ・シンワル氏も地下に隠れているとみている。ウォール・ストリート・ジャーナルは「ハンユニス市街戦は最後の大規模戦闘であり最も労力のいる戦いになるだろう」と予想する。

◇約120万人居住地域…ネタニヤフ首相「人質全員の救出は不可能」

本格的な市街戦に入り大規模な民間人被害に対する懸念も大きくなっている。ハンユニスには現在ガザ地区の全人口220万人のうち半分以上の120万人が集まっている。もともとは40万人が住んでいたが、ガザ地区北部から押し寄せた避難民により人口が3倍近く増えた。

ハマスの抵抗も強まっている。この日ハマスの軍事組織アルカッサム旅団はイスラエル兵10人を射殺したと主張した。合わせて戦闘機を動員してイスラエル軍の車24台を破壊したと明らかにした。ハマス政治局のオスマン・ハムダン報道官は「イスラエルが攻撃を止めるまで人質交渉や解放はないだろう」としながらイスラエルのネタニヤフ首相を非難した。

だがネタニヤフ首相は人質・休戦交渉の代わりに地上戦を押し進める計画だ。彼はこの日の記者会見で「戦争が終わった後にガザは非武装地帯として残らなければならない。これを保障できる集団はイスラエル軍」と話した。

続けてネタニヤフ首相は「どんな国際軍もこれ(ガザの非武装地帯化)の責任を負えないだろう。私は目をつぶって他の合意を受け入れる準備はできていない」と付け加えた。ハマスを掃討した後にガザを非武装地帯にするが、この作業をイスラエル軍が主導するという話とみられる。

ネタニヤフ首相はこの日、「人質全員の救出は不可能」という趣旨で発言し人質の家族の怒りを買った。イスラエル日刊ハアレツによると、彼はガザ地区で拘束されている人質の家族との面談で「現時点では人質を全員連れてくるのは不可能だ。(人質全員救出の)可能性があるならばだれがそれを拒否するか」と話した。AP通信によると一部家族は声を張り上げ、半分以上は面談途中で席を立った。

◇双方圧迫する米国…来年1月に地上戦止まるか

戦争が再び激化する動きを見せると米国は双方を圧迫した。まず米政府はヨルダン川西岸地区の一部過激派イスラエル定着民数十人に対し入国禁止措置の方針を明らかにした。彼らが西岸地区に居住するパレスチナ住民に暴力を行使したという理由だ。今回の措置は開戦以降イスラエル人に対する米国の初めての制裁だ。

同日バイデン米大統領はハマスの性暴力行為を糾弾した。バイデン大統領はマサチューセッツ州ボストンで開かれた大統領選挙資金募金行事で「ハマスのテロリストが女性と少女に多くの苦痛を加えた後殺害したという報道がある。われわれはハマスのテロ犯が犯した性的暴行を強く糾弾しなければならない」と話した。イスラエル警察によると現在までハマスが起こした性犯罪と関連して収集した証言は1500件以上だ。

こうした中、イスラエル軍の地上戦が来年1月まで続くとの見通しが出てきた。CNNはこの日複数の米政権高位関係者の話として「イスラエルはこれから数週間高強度の地上作戦を遂行した後、来年1月にハマス指導者の一部だけを狙った限定的な作戦に転換するだろう」と伝えた。イスラエルはハマスとともに北部国境でレバノンのヒズボラとも戦う「2つの戦線」に対する疲労感が積もっているためと分析される。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP