주요 기사 바로가기

フォーブス「世界で最も影響力がある女性100人」に入った韓国女性2人は

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.06 17:36
0
米国経済専門紙フォーブスが毎年選定する「世界で最も影響力がある女性100人」2023年版に韓国人2人が入った。ホテル新羅の李富真(イ・ブジン)社長(82位)とNAVER(ネイバー)の崔秀姸(チェ・スヨン)社長(96位)だ。

フォーブスは5日(現地時間)、同ランキングを発表しながら財力やメディア活動、影響力、活動範囲など4つのカテゴリーの指標を総合的に評価した結果、韓国からは2人が選ばれたと明らかにした。

フォーブスは李社長(53)に対して、韓国最高の宿泊およびカンファレンス施設の一つであるホテル新羅の社長であり最高経営者だと紹介した。ホテル新羅はロッテとともに韓国最大の免税店事業者だと付け加えた。

 
また、サムスングループの李健熙(イ・ゴンヒ)会長の長女で、グループ持株会社であるサムスン物産商社部門の顧問も務めていると明らかにした。李社長の財産は38億ドル(約5590億円)だという。

崔社長(42)は昨年韓国最大のインターネット会社NAVERの最高経営責任者(CEO)に就任したとし、同社初の女性CEOで、最年少の社長だと紹介した。

NAVER理事会は崔社長をCEOに選定しながら問題解決能力とグローバル市場に対する「深い」理解力を高く評価したとも説明した。

今年で20回目を迎えるフォーブスの今回のランキング発表で、1位は昨年に続いて欧州委員会のウルズラ・フォンデアライエン委員長が選ばれた。

欧州中央銀行(ECB)のクリスティーヌ・ラガルド総裁と米国のカマラ・ハリス副大統領も昨年と同様に2位と3位を維持した。

米国のシンガーソングライター、テイラー・スウィフトはランクが急上昇して5位に入った。芸能人がトップ5に入ったのはランキングの発表が始まって以来初めて。

昨年79位だったスウィフトはグローバル公演ツアーが成功を収めて純資産が11億ドルに達し、今年10月にビリオネア(億万長者)入りを果たした。

このランキングには人々の日々の生活に変化をもたらし影響を及ぼす女性CEOや芸能人、政治家、慈善家、政策立案者が含まれている。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    フォーブス「世界で最も影響力がある女性100人」に入った韓国女性2人は

    2023.12.06 17:36
    뉴스 메뉴 보기
    米国経済専門紙フォーブスが毎年選定している「世界で最も影響力がある女性100人」2023年版ランキングに入った韓国人。ホテル新羅の李富真(イ・ブジン)社長(左)とNAVER(ネイバー)の崔秀姸(チェ・スヨン)社長。[写真 ホテル新羅・NAVER]
    TOP