주요 기사 바로가기

韓国生徒、数学の実力は世界最上位水準…学習格差はさらに拡大

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.06 09:08
0
韓国の生徒の数学・読解力・科学分野の学業到達度は経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で最上位水準であることが分かった。だが、生徒間の学習格差は10年前よりさらに広がり、他の加盟国に比べても格差が大きいことが分かった。

OECDは5日、学習到達度調査(PISA)2022の結果を発表した。OECDは国別の満15歳児(中学3~高校1)の学習到達の推移を国際的に比較するため、2000年から3年ごとに評価する。当初2021年に調査する予定だったが、新型コロナウイルス感染症で1年延期された。今回の調査にはOECD37加盟国と44の非加盟国など81カ国の約69万人が参加した。韓国は186校6931人だ。

評価結果によると、韓国の生徒は全科目で最上位水準だった。数学はOECD加盟国の中で1~2位、全体参加国の中で3~7位圏だった。読解力はOECDの中で1~7位、全体の中で2~12位圏、科学はOECDの中で2~5位、全体の中で2~9位圏だ。誤差を考慮して順位を範囲で表示する。

 
OECDで韓国より順位が高く、または類似した国は、日本・エストニア・アイルランド程度だ。数学は日本、読解力はアイルランド・日本・エストニアが強気だ。科学も日本・エストニアが最上位圏だ。非加盟国を含めればシンガポール・マカオ・台湾などの強勢が目立つ。特にシンガポールは3科目とも1位だ。

男女の差は読解力で目立った。韓国は女性(533点)が男性(499点)より34点高かった。数学は男子、科学は女子の点数が高かったが、統計的に有意義な差ではなかった。OECD平均も読解力は女性(488点)が男性(464点)より24点高い。

韓国はOECD加盟国の中で学習格差が最も大きかった。PISAは周期別に数学的リテラシー・読解力・科学的リテラシーのいずれかを深く分析するが、今回は数学だった。生徒間の学習格差を示す「学校内数学点数分散比率」は、韓国が98.1%でOECD平均(68.3%)の1.4倍だ。比率が高いほど格差が大きいという意味だ。韓国は81カ国のうちマルタに次いで格差が大きかった。格差は10年前よりも広がった。PISA2012当時、数学点数分散比率は69.2%だった。PISA2018に比べて上位圏(1.5%p)と下位圏(1.2%p)の比率がいずれも伸びた。

教育部関係者は「今回の評価を通じて基礎学力の向上、教育格差の緩和などの課題を確認することができた」として「結果を踏まえてデジタル基盤の教育革新、公教育競争力の向上、私教育軽減対策などに拍車をかける」と述べた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP