주요 기사 바로가기

家事労働を換算してみると年間490兆ウォンGDP26%=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.05 14:58
0
ここ20年間で男性と老年層の家事労働が増えたことが調査で分かった。[写真 Pixtabay]

家事労働サービスの価値を金銭で換算すると、韓国の国内総生産(GDP)の25.5%に達することが明らかになった。

統計開発院は22日に発刊予定の「統計プラス」冬号に家事労働サービスを誰が生産・消費しているかなどをまとめた国民時間移転計定の深層分析結果を掲載すると5日、明らかにした。結果によると、2019年生活時間調査を基礎に算出した家事労働サービスの価値は490兆9000億ウォン(約55兆円)で国内総生産(GDP)の25.5%に相当することが明らかになった。

 
女性が生産した家事労働サービスは356兆ウォンで、男性が生産した134兆9000億ウォンの2.6倍となった。

年齢階層別では労働年齢層(15~64歳)が410兆ウォンで83.5%を、老年層(65歳以上)が80兆9000億ウォンで16.5%を記録した。

男性と老年層の家事労働サービス生産比率が1999年それぞれ20.1%、8.4%から2019年27.5%、16.5%に上昇していることが明らかになった。過去20年間で男性のサービス生産比率は7.4%ポイント、老年層は8.1%ポイント上昇した。

清掃や子どもの世話など「無給家事労働」の負担が最も大きい年齢は38歳という統計分析結果が出た。

家事労働の消費は世話が最も多く必要な幼年期を中心に多く、その後は徐々に減少して成人になる20歳を基点に以降は緩やかに上昇する「L字型」を帯びる。

0歳のとき3638万ウォンで最も多く、20歳のとき390万ウォンで最も少ない。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP