주요 기사 바로가기

地中海の海水を注入か…イスラエル、ハマスのトンネル「浸水」作戦検討

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.05 14:04
0
イスラエル国防軍(IDF)がガザ地区内に網の目のように張り巡らされているハマスの地下トンネルを海水で浸水させて無力化する方案を検討している。米国日刊ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が4日(現地時間)、報じた。

WSJによると、イスラエルは先月中旬にガザ地区のアル・シャティ難民キャンプから北に1マイル(約1.6キロ)離れた地域で大型海水ポンプの組み立てを終えた。少なくとも5つのポンプを用いて地中海から引いてきて1時間当たり数百万リットルを海水をハマスのトンネル内に注入する計画だ。アル・シャティ難民キャンプはガザ北部地域であり、地中海に隣接したている。

イスラエルはこの作戦を同じ月に米国にも知らせたが、米政府関係者たちの間で論争が起きたという。米政府関係者は「地下に海水を流し込めばガザ地区内の地下水を汚染させて民間人の飲料水供給を悪化させるか地盤を弱める場合がある」と心配したという。

 
まだ救出されていない人質が水没する可能性もある。ハマスは最近休戦期間に人質を100人以上解放したが、まだ150人以上が残っていると推定されている。

このような懸念のため、すでにポンプ組み立てまで終えた「トンネル浸水作戦」にストップがかかる可能性もある。米政府関係者はWSJに「イスラエルはまだ最終決定を下しておらず、この選択を排除してもいない」と伝えた。

イスラエルが「ガザメトロ(Gaza metro)」とも呼んでいるこのトンネルは、ハマスが武器伝達や移動ルートなどとして利用してきた。先月7日イスラエル奇襲攻撃以降、ハマスはトンネルを活用して自分たちや人質の居場所を隠している。

ハマスに捕まって解放されたイスラエル人の人質の一人は先月24日のインタビューで「巨大なネットワークでできたクモの巣トンネル」を目撃したと証言した。あわせて「トンネルに入り、やわらかくて湿った地面を何キロメートルも歩いた」と話した。

IDFは3日基準で「現在まで800個のトンネルを発見し、500個を閉鎖した」と明らかにした。トンネル全体ははるかに多いものと推定される。米CNNによると、ガザ地区の地下30メートル地点にあるトンネルの総延長は300マイル(約483キロ)に達する。ハマスは500キロだと主張してきた。ソウル地下鉄(総延長350キロ)やロンドン地下鉄(約400キロ)よりも長い。

◇「袋小路」のガザ住民

イスラエルは5日、ガザ南部地域に対する攻勢程度を高めてハマスとの決戦に出た。WSJは「ハマス隊員との接近戦を含めて最近2カ月間の戦争で最も激しい戦闘」が繰り広げられていると伝えた。

米ニューヨーク・タイムズ(NYT)も「10月に始まった地上戦でガザ北部をほぼ占領したイスラエルがハマスの完全な統制下にあったガザ最後の地域であるハーン・ユーニス(Khan Yunis)まで進撃した」と伝えた。NYTは「イスラエルはハマス高位関係者がここに避難したと信じていて、南部で最も大きな都市であるここが決定的な戦闘になるだろう」とした。

IDFはハーン・ユーニスの住民には「エジプトとの国境に近いラファ地域などさらに南側」に行くように待避令を出した。反面、国際救護団体はラファ地域の難民避難所がすでに過飽和状態である上に、イスラエル戦闘機が4日午前にラファまで空襲したと批判している。

ガザ住民のルブナ・アレイスさんはNYTに「最初はガザシティ周辺の他の地域に、次はハーン・ユーニスに避難した」としながら「今またどこへ行けということなのか」と苦しい胸の内を爆発させた。

民間人被害に対する批判世論を意識して、イスラエルは速度戦に乗り出している。特にハマス殲滅作戦の最大支持者である米国の忍耐心が完全になくなる前に速かに作戦を行わなければならないという圧力が高まっているとWSJは伝えた。メディアはイスラエル関係者を引用してIDF指揮部が「政務的期間(a political clock)」を意識していると話した。

現地メディアによると、イスラエルのガラント国防長官は「ハマスの基盤をすべて除去するまで我々はそこ(ガザ)に留まる」と明らかにした。同時にイスラエルは民間人被害も一定部分で公開的に認めた。AFP通信によると、イスラエルの軍事作戦で今までガザ地区で約1万5900人が死亡したというハマス側の発表、ハマス隊員5000人が射殺されたという報道に対して、イスラエル高位関係者は4日、記者会見で「数字はある程度正しい」とした。この関係者は「我々は2対1という(死亡者)比率が低くないというのではない」としながら「民間人を人間の盾として使うことがハマスの核心戦略」と付け加えた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP