주요 기사 바로가기

「ハマス、女性人質追加解放拒否」ホワイトハウス明らかにした休戦中断理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.05 10:53
0
イスラエルとパレスチナのイスラム組織ハマスとの間の一時休戦が7日間で終了し戦闘が再開されたことに対し、米ホワイトハウスが「ハマスが女性人質の追加解放を拒否したため」と明らかにした。

ガーディアンなどによると、サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)は4日の会見で、「ハマスは休戦の条件である女性人質の追加解放を拒否した。こうした行動が合意終了と敵対行為復帰を引き起こした」と話した。

双方の戦闘は休戦終了時点である1日午前7時から再び始まった。イスラエルは「ハマスが交戦中断の合意を破りイスラエル領土を攻撃した」として休戦が終了すると同時にガザ地区を大々的に空爆した。

 
これと関連しサリバン補佐官は「先週末にイスラエル、エジプト、カタールなどのパートナー国と集中的な電話会談をし、バイデン大統領がガザ地区に抑留された米国人家族と会った。われわれは米国人9人を含む人質137人が解放されるまで休まないだろう」と強調した。

合わせて「この家族たちは胸が痛い体験をし、その程度は私たちが想像できないほど。われわれは大統領のリーダーシップと指導、そして彼の直接的な関与の下に米国人そしてすべての人質を連れてくるために最善を尽くしている」と述べた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ハマス、女性人質追加解放拒否」ホワイトハウス明らかにした休戦中断理由

    2023.12.05 10:53
    뉴스 메뉴 보기
    パレスチナ人が10月7日、イスラエルのあるキブツ(農業共同体)で民間人を人質として捕まえてカザ地区に連行している。イスラエル総理室の推算によると、約150人が人質として捕えられているという。[写真 X キャプチャー]
    TOP