주요 기사 바로가기

【社説】第2の「尿素水大乱」起きないよう供給網多角化の速度上げなくては

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.05 10:30
0
世界的供給網不安が尋常でない。中国の関税当局が最近韓国への尿素輸出通関を突然保留し韓国を緊張させた。トラックが止まり産業の血管である物流網まで揺らいだ2021年の「尿素水大乱」が再発するのではないかとの懸念が出てきた。きのう産業通商資源部は中国の尿素通関保留について、政治的背景はなく中国内部の需給が原因だと説明した。政治的背景がないからと安心できることではない。2年前の尿素水大乱も尿素の原料である石炭不足と尿素在庫減少にともなう中国の輸出規制から始まった。

尿素水問題で苦労したが中国への依存度は特に変わらなかった。2021年に尿素輸入額の71%を占めた中国産は取引先多角化努力で昨年は67%まで落ちたが今年に入り再び91%まで上がった。ベトナムなど他の尿素生産国より近い中国から輸入する方が安かった。国内に尿素水在庫3カ月分を確保したとしても通関保留がいつまで続くかわからない。

米中戦略対立にともなう供給網への衝撃も続いている。米国が最近発表したインフレ抑制法細部指針に従い中国側の持ち分率が25%以上の合弁会社は補助金支給対象から除外される。中国と合弁会社を作りインフレ抑制法の恩恵と、素材・鉱物の核心供給源である中国のどちらも逃さないようにしていた韓国のバッテリー企業は中国側の株式を買い取ったり追加出資をしなければならない負担ができた。レモンド米商務長官は冷戦時代に共産圏への戦略物資輸出を防いだ対共産圏輸出統制委員会(COCOM)のような多国間体制の必要性まで取り上げた。

 
韓国の供給網多角化速度は依然として遅い。昨年の輸入額基準で戦略的重要性が大きい核心鉱物33種のうち25種の3大輸入国が中国だ。核心鉱物だけでなく韓国の産業の中間財の大部分が中国発の供給網リスクに弱い。上半期の輸入実績1万ドル以上の品目9308種類のうち対中依存度が70%以上の品目は22.7%の2113種類に達する。それでもコストパフォーマンスが良い中国の原材料と中間財を避けるのは困難だ。米国の半導体、メーカーも同様だ。エヌビディアのジェンスン・フアン最高経営責任者(CEO)は最近「米国のチップメーカーが中国から供給網を独立するのに最小10年はかかるだろう」と話した。

このため14カ国が参加するインド太平洋経済枠組み(IPEF)との鉱物供給網協力を拡大する一方、中国との協力も維持しなければならない。中国は米国と世界に向けては自由貿易を強調し続けてきた。中国はそうした発言の重さに見合う行動をしなければならない。尿素水問題の正確な実態を韓国に透明に公開しなければ中国自ら自由貿易の原則を破っているという批判から自由になれないだろう。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP