주요 기사 바로가기

イスラエル軍、自国の民間人を射殺…「ハマス武装隊員と誤認」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.04 15:51
0
イスラエル国防軍が自国の民間人をハマス武装隊員と誤認して射殺する事件が起きた。エルサレムでハマス武装隊員が出勤途中の市民を対象にした銃撃テロを行い、これに対してイスラエル民間人が銃器で対抗しているときにこのような事件が発生した。

3日(現地時間)、AP通信などによると、先月30日にエルサレム郊外のバス停留場でパレスチナ武装組織ハマスの武装隊員が銃器を乱射したが、弁護士のキャッスルマンさん(38)が所持していた拳銃で彼らに反撃したところイスラエル国防軍によって射殺された。

ソーシャルメディアの映像などによると、この日午前ハマス武装隊員はバス停留場に車を止めて降り立ち、市民に向けて銃を乱射した。武装隊員が銃を撃って車に再び乗り込むのを見たキャッスルマンさんは拳銃で彼らに何回射撃を加えた。

 
その間に武装隊員が乗った車両の反対側から軍服姿の軍人も射撃を始めた。するとキャッスルマンさんは軍人に対して武装隊員と誤認される可能性があると思い、拳銃を遠くに投げてひざまずいた後、上着の前の部分を広く開けた。「自殺爆弾チョッキがない」ことを示すためだった。そして両手を上げて「降参」の意思を示したが、イスラエル国防軍の銃に撃たれて亡くなってしまった。

当局によると、この日ハマス武装隊員の銃撃でイスラエル民間人3人が亡くなった。

キャッスルマンさんは他の軍人1人と共にハマス武装隊員3人を射殺した。キャッスルマンさんの父親のモセさんはイスラエル国防軍のラジオで「息子は自分の身元がすぐに確認できるようにすべての措置を取った」とし「そして彼らはキャッスルマンに銃を撃ち続けた」と怒った。

イスラエル国防軍は事件直後、「キャッスルマンさんの死亡に対して調査はしない」と明らかにしたが、メディアの報道が続いたため結局イスラエル警察が捜査に着手した。軍も共同捜査に入った。

警察は「初期捜査の結果、軍人1人がキャッスルマンさんを銃器乱射を行った武装隊員と誤認して射撃した」と発表した。軍も3日に声明を出して「キャッスルマンさんの死を哀悼し、彼に銃を撃った軍人を調査中」と明らかにした。

あわせてネタニヤフ首相の発言も俎上に載せられた。ネタニヤフ首相は当初2日に今回の事件を巡り「武装した民間人の存在のおかげで(我々は)かろうじて何度も成功、さらに大きな災難を防いだ」とし「我々はそれに対する代償を支払うことができる。それが人生だ」と述べて物議を醸していた。

非難が殺到するとネタニヤフ首相はこの日、キャッスルマンさんを「イスラエルの英雄」と称して徹底した調査を約束した。また、キャッスルマンさんの父親のモセさんに電話で哀悼の意を伝えた。

野党指導者で戦時内閣に参加したガンツ前国防長官は「この事件は『人生』ではなく警告信号」とし「キャッスルマンさんの死に関連し、銃器使用と関連規制が妥当だったのか調査しなければならない」と求めた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    イスラエル軍、自国の民間人を射殺…「ハマス武装隊員と誤認」

    2023.12.04 15:51
    뉴스 메뉴 보기
    イスラエルの国旗
    TOP