주요 기사 바로가기

「美女クーデター」ミス・ユニバース監督に「反逆罪」を適用したニカラグア

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.04 14:51
0
ニカラグアのダニエル・オルテガ政府が国際美人コンテスト「ミス・ユニバース」の監督に反逆などの容疑を適用したとAP通信などが2日(現地時間)、報じた。政権転覆のために反政府志向のある女性を意図的にミス・ユニバース大会で優勝させたという主張だ。

ニカラグア警察は前日夜に声明を出して「ミス・ユニバースの監督であるカレン・セレベルティは反逆・組織犯罪・憎悪扇動容疑が持たれている」と明らかにした。

 
あわせて「セレベルティとその家族は何の関係もない美人コンテストを政治的罠の場にした」と批判した。警察はセレベルティ氏に対して入国禁止措置を講じて同氏の夫と息子を拘禁した。

ニカラグア出身のシェイニス・パラシオスさんは先月18日にエルサルバドルで開かれた第72回ミス・ユニバース大会でニカラグア出身として初めてティアラを被った。

オルテガ政府はミス・ユニバース優勝直後の19日に声明を発表し、これを祝うための「喜びと誇りの合法的デモ」を許容したが、それほど経たないうちにこれを非難し始めた。パラシオスさんが2018年に激しい反政府デモの中心に立った大学の出身であるうえ、デモ当時の行進にも参加した事実が明るみになったためだ。

ニカラグアでは通常、抗議デモやニカラグアの国旗を持って行進することは不法だが、当時パラシオスさんのミス・ユニバース優勝の祝賀ムードに乗じて市民は街に繰り出して祝賀行事を行った。

一部の市民はオルテガ政府の赤黒のサンディニスタの旗ではなく、白青の国旗を持って行進してオルテガ政府の気持ちを逆撫でした。

政府の迫害を受けて投獄あるいは追放された数十人のカトリック聖職者の一人であるシルヴィオ・バエス司教はSNSにパラシオスさんの優勝を祝うコメントを載せた。

バエス司教は「長年にわたり苦痛を受けている祖国に喜びをもたらしてくれたことに感謝する。あなたは私たちの美しい祖国のより良い未来のために私たちに希望を与えてくれた」とメッセージを伝えた。

市民の反応に驚いたオルテガ政府は直ちに統制に出た。副大統領でありファーストレディーのロサリオ・ムリジョ氏は「せっかくの美しい祝賀の瞬間を破壊的な反政府運動の材料として利用した侮辱的なテロリストの行動は新しい勝利を冒涜する悪の勢力の蠢動」と批判した。

2018年の反政府デモ以降、ニカラグア保安軍はデモを武力で強力に鎮圧し、数千人が国外に追放された。オルテガ氏は当時、デモが外勢の扇動によって彼を追放するための陰謀だったと主張している。

オルテガ氏は2018年反政府デモの中心だった中米大学を占領して他の26個の大学と共に廃校にした。

また、3000余りの市民団体や非政府組織を不法だとして閉鎖させた。野党のメンバーや反対勢力は市民権を剥奪するか財産を押収した後に逮捕または追放した。

ミス・ユニバースに優勝したパラシオスさんはこのような状況に対しては何の言及もしていない。美人コンテストの間、パラシオスさんは自身の精神的な傷を癒やすために精神健康関連の仕事をしたいと明らかにし、特に女性があらゆる分野に進出するために性別間の賃金差別をなくすために尽力したいと話した。

だが、その後はフェイスブックに過去のデモ参加写真を公開して「最初は参加が怖くて迷った。どんな目に遭うか分からなくて怖かったが、その後結局参加した」と明らかにした。

パラシオスさんは最近政府が没収して国家所有に変えたイエズス会設立セントロアメリカーナ大学を卒業した。当時デモに参加した人々は長身で驚異的な美貌のパラシオスさんが行進に参加したのを見たと伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「美女クーデター」ミス・ユニバース監督に「反逆罪」を適用したニカラグア

    2023.12.04 14:51
    뉴스 메뉴 보기
    デモに参加したシェイニス・パラシオスさん。[写真 SNS キャプチャー]
    TOP