주요 기사 바로가기

イスラエルによるガザ南部地上戦迫る…ハマス「休戦しなければ人質解放しない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.04 09:45
0
一時休戦が終了し、イスラエル国防軍は2日(現地時間)、パレスチナ・ガザ地区に対する大々的な空襲を再開した。イスラエルはパレスチナの武装組織ハマスとの休戦交渉も中断し、カタールにいた交渉チームも引き上げさせた。ハマスも全面的な休戦がなければイスラエル側の人質に対する追加解放はないと対抗した。

AP・ロイター通信などによると、イスラエル国防軍はこの日、ハーン・ユーニス(Khan Yunis)やラファなどガザ地区南部を爆撃して境界都市住民には家を出るように通知した。イスラエル国防軍は特にガザ地区南部最大の都市ハーン・ユーニスにあるハマス関連の施設50カ所を含む400カ所を攻撃したと明らかにした。これによって病院や住宅などが空襲を受け、モスク(イスラム寺院)3カ所が破壊された。

◇イスラエルによる地上戦近づく…ハマス「民間人193人死亡」

 
地上軍の進入も近づいているとの見方が出ている。ニューヨーク・タイムズ(NYT)は「イスラエルが(空襲を通じて)ガザ地区南部の地上侵攻の足掛かりを用意しようとしているようだ」と分析した。実際、ガザ地区南部の住民はイスラエル国防軍のタンクがガザ地区中部地域から南部ハーン・ユーニスの間の道路で目撃されたと伝えた。

イスラエル放送「チャネル12」はこの日、ハーン・ユーニスの近くで大規模な地上戦が起きたと報じた。イスラエルのネタニヤフ首相はこの日の演説で「地上作戦をしないで人質救出とハマス掃討を達成するのは不可能」とし、ガザ地区南部で地上戦に出ることを示唆した。

ハマスはこの日、テルアビブなどイスラエル南部地域に対するロケット攻撃で対抗した。人命被害も拡大している。ハマスが統制するガザ地区保健省は戦闘が再開された後、2日間で少なくとも193人の民間人が亡くなったと明らかにした。

それでも戦闘中断は当面難しいものとみられる。イスラエルとハマスの休戦延長交渉が決裂したためだ。イスラエル総理室はこの日、仲裁国カタールにあるイスラエルの情報機関モサドの交渉チームを撤収させたと明らかにした。あわせて「休戦合意によってイスラエルが要求した子どもたちと女性の人質をハマスが解放しないでいる」と非難した。

◇交渉決裂の理由は女性人質の解放

休戦延長交渉が物別れに終わった決定的な原因はイスラエル女性人質の解放問題だった。イスラエルのガラント国防長官は「ハマスが最年少の人質である生後10カ月のクフィル・ビバスちゃんをはじめとする女性と子ども17人の解放を拒否した」と明らかにした。

反面、ハマス政治局ナンバー2のサレフ・アル・アルリ副局長は“「占領軍(イスラエル国防軍)は現在残っている捕虜は軍人らと軍に服務していた男性だけ」としながら「攻撃が中断されて包括的で決定的な休戦が行われない限り捕虜の交換はない」と話した。

ハマスは抑留中のイスラエル人のうち女性がいることを否定していないが、女性が軍人なので解放対象から除外しなければならないという立場だ。CNNは「イスラエルは10月7日イスラエルから拉致された女性の解放を優先的に主張しているが、ハマスは彼らがイスラエル国防軍とかかわっているとみて拒否している」とし「ハマスは40代後半~50代の男性とイスラエル女性を予備軍に服務する可能性があるという理由で軍捕虜と見なしている」と伝えた。

◇「民間人被害は戦略的敗北」 米国、自制要求

戦争が再び激化する動きを見せると米国はイスラエルを圧迫し始めた。カマラ・ハリス副大統領はこの日、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイで開かれた国連気候変動枠組条約第28回締約国会議(COP28)でイスラエルの自衛権を認めるとしながらも「あまりに多くの罪なきパレスチナ人が殺された」とし「イスラエルが民間人保護のためにもっと多くのことをしなければならない」と述べた。

ロイド・オースティン国防長官もカリフォルニア州で開かれたレーガン国防フォーラムで「この種の戦いにおいて力の重心は民間人」としながら「民間人を敵の武器の中に追い込めば、戦術的勝利が戦略的敗北に変わる」と述べた。

◇「バイデンを捨てろ」…激戦州のムスリム「落選運動」

バイデン政府高官のこのような発言は最近米国内のムスリムの間で盛り上がっている反バイデンの雰囲気と無関係ではなさそうだ。この日、ミシガン・アリゾナ・ミネソタなど選挙激戦州8州のムスリム・アラブ系指導者は「バイデンを捨てろ(#AbandonBiden)」というキャンペーンを通じてバイデン大統領に対する落選運動を展開すると宣言した。

アメリカイスラム関係評議会(CAIR)理事のJaylani Hussein氏はAPに「休戦要求の意志がないバイデン大統領とムスリム米国人の間の関係は回復が不可能な水準」と話した。

米オンラインメディア「アクシオス」は「勝負が激しいと予想される地域でムスリムが棄権したり共和党を支持する場合、バイデン大統領にとって大きな打撃になるかもしれない」と伝えた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    イスラエルによるガザ南部地上戦迫る…ハマス「休戦しなければ人質解放しない」

    2023.12.04 09:45
    뉴스 메뉴 보기
    イスラエルとハマスの戦争
    TOP