주요 기사 바로가기

米国「紅海で米軍艦が襲われた」…イエメン反乱軍「イスラエル船舶を攻撃」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.04 08:58
0
米国防総省は3日(現地時間)、紅海上で米海軍軍艦1隻と複数の商船が攻撃を受けたと明らかにした。

同日、イエメン反乱軍も紅海上でイスラエルと関連がある船舶2隻に対してミサイルとドローンで攻撃したと主張した。

同省はこの日、AP通信に「駆逐艦『カーニー』と複数の商船が紅海上で攻撃を受けたという報告は承知している」とし「確認でき次第、関連情報を提供する」と話した。

 
ただしフーシ反乱軍は米国海軍軍艦を狙った事実を認めなかった。これに先立ち、英国海軍はこの日紅海上でドローン攻撃と疑われる爆発事件が起きたと明らかにした。

匿名を求めた米国政府関係者はAP通信に「攻撃は3日午前10時ごろに始まり、約5時間続いた」と話した。別の関係者は「カーニーが攻撃を受けてドローンを少なくとも1機、撃墜した」と伝えた。

ちょうどこの日、イエメン反乱軍フーシ派はソーシャルメディアを通じて紅海とアデン湾をつなぐバブ・エル・マンデブ海峡でイスラエル船舶2隻をミサイルとドローンで攻撃したと明らかにした。

フーシ派は攻撃の標的船舶が「Unity Explorer」と「NO.9」としながら、これらの船舶が警告を無視して攻撃したと主張した。

Unity Explorerはバハマ船籍のバルク船で、NO.9はパナマ船籍のコンテナ船だ。

フーシ派のヤヒヤ・サリー報道官はこの攻撃が米海軍軍艦に関連したものかについては言及せずに「ハマスに対するイスラエルの戦争が継続する限り、イスラエル船舶に対する攻撃も続く」と明らかにした。

フーシ派が米軍艦を攻撃したのは2016年が最後だ。フーシ反乱軍はイスラエル南東部地域を狙って何度もミサイルやドローン攻撃を加え、紅海を通過するイスラエル関連の船舶を拿捕あるいは攻撃した。

先月19日にはイスラエル船舶を拿捕すると脅迫した直後、紅海南部からスエズ運河を経てインドに向かっていた車両運搬用貨物船「Galaxy leader」を拿捕した。同船舶を所有する英国会社の株の一部をイスラエル海運財閥が保有していることが分かった。

これに関連してイスラエル国防軍(IDF)のハガリ報道官は「今日、イスラエルと何の関連もない商船2隻にミサイルが発射された。これらはイスラエル国家とは何の関連もない点を明確にしておく」と述べた。

あわせて「攻撃を受けた商船1隻は大きく損傷して沈没の危険に直面したとみられ、もう1隻は軽微な損傷を受けた」とし、米国の中部司令部および第6艦隊とともに関連事案を調査していると述べた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米国「紅海で米軍艦が襲われた」…イエメン反乱軍「イスラエル船舶を攻撃」

    2023.12.04 08:58
    뉴스 메뉴 보기
    米国の国旗
    TOP