주요 기사 바로가기

韓国軍初の偵察衛星、宇宙軌道に投入…一日2回韓半島を通過する「キルチェーンの目」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.04 06:46
0
韓国軍の偵察衛星1号機が宇宙空間への投入が成功し、独自偵察衛星時代が開かれた。偵察衛星1号機は6年前に始まったいわゆる「425事業」の最初の成果となる衛星で、「攻撃の兆候が差し迫ったものの場合、北朝鮮を先制的に制圧する」というキルチェーン(Kill Chain)の「目」の役割を果たす核心的な資産だ。

軍偵察衛星1号機は米国カリフォルニア州にあるヴァンデンバーグ宇宙軍基地から、2日午前3時19分(現地時間1日午前10時19分)に打ち上げられた。打ち上げ14分後に発射体から正常に分離した。78分後の4時37分ごろには海外地上局との初交信に成功、正常運用が確認された。韓国国防部関係者は「短くて4カ月、長くて6カ月の運用試験評価を経て、来年上半期内の戦力化が可能ではないだろうか」と話した。

衛星の解像度は約30センチで、新聞紙一枚よりも小さなサイズの物体を一つの点として確認することができる。偵察衛星を区分する尺度であるサブメーター(解像度1メートル)級の衛星の中でも世界最高水準という説明だ。国防部は「この偵察衛星の性能を世界5位以内とみている」と説明した。

 
電子光学(EO)・赤外線(IR)を搭載した1号機は高度400~600キロメートルの太陽同期軌道で一日2回、韓半島(朝鮮半島)を通過する。このため軍独自の作戦遂行能力を強化することができると期待されている。

軍は2025年までに高性能映像レーダー(SAR)を搭載した4基の衛星を追加で宇宙軌道に投入する方針だ。計画通り複数機の偵察衛星(EO・IR衛星1基、SAR衛星4基)を確保すれば、北朝鮮内の主要軍事施設や核心ターゲットを2時間単位で確認することができる。特にSARを搭載した衛星は電磁波を通じて映像を生成するため気象状況に左右されずに北朝鮮軍の小さな動向も見逃さずに確認することができる。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国軍初の偵察衛星、宇宙軌道に投入…一日2回韓半島を通過する「キルチェーンの目」

    2023.12.04 06:46
    뉴스 메뉴 보기
    韓国初の軍事偵察衛星1号機を載せたスペースX社の発射体「ファルコン9」が1日(現地時間)、米国カリフォルニア州ヴァンデンバーグ宇宙軍基地から打ち上げられている。[写真 スペースX]
    TOP