주요 기사 바로가기

韓国柔道の看板イ・ジュンファン、柔道グランドスラム東京で金…五輪に青信号

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.03 12:34
0
韓国柔道の看板スターで世界ランキング4位のイ・ジュンファン(21)が今年最後の国際大会で優勝し来年のパリ五輪出場への期待が高まった。

イ・ジュンファンは2日、東京体育館で開かれたグランドスラム東京2023男子81キロ級決勝でベルギーのマティアス・カスを小内刈りではねのけ金メダルを獲得した。彼は個人通算3回目のグランドスラム優勝トロフィーを手にした。グランドスラムは五輪、世界選手権、マスターズに次いで権威ある大会だ。東京大会は今年10回目であり最後のグランドスラムだ。

2020東京五輪銅メダリストで現在世界2位のカスは優勝候補だった。イ・ジュンファンは有終の美をおさめて7カ月先に迫った2024年パリ五輪入賞の可能性を広げた。イ・ジュンファンは今年カタールのドーハで行われた世界選手権で銅メダル、10月の杭州アジア大会では銀メダルを獲得した。

 
1回戦と2回戦をそれぞれ不戦勝と反則勝ちで通過したイ・ジュンファンは3回戦の相手であるポーランドのジョア・フェルナンド、4回戦の相手アゼルバイジャンのゼリム・ツカエフをともに背負い投げで破り、準決勝相手であるカナダのフランソア・グーティエ=ドラパウには体落としで勝った。開催国日本の選手とは対戦しなかった。男子81キロ級世界1位で今年の世界選手権金メダリストであるジョージアのタト・グリガラシビリは参加しなかった。

イ・ジュンファンは彗星のように現れた特級新人だ。昨年3月に初めて韓国代表となったが、わずか1年ほどで韓国柔道のエースに成長した。特に韓国選手では珍しく柔道宗主国であり最強国の日本の選手に強い。彼は日本のエースであり東京五輪金メダリストの永瀬貴規を2022年モンゴルグランドスラム3回戦、2023年世界選手権準々決勝の2度倒している。

杭州アジア大会決勝へ進む勝負所でも「日本キラー」の面目を見せた。イ・ジュンファンは大会準決勝で日本の特級有望株老野祐平を相手に延長含む10分29秒の戦いの末に制圧した。イ・ジュンファンは来年初めから本格的にパリ五輪の準備に入る。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国柔道の看板イ・ジュンファン、柔道グランドスラム東京で金…五輪に青信号

    2023.12.03 12:34
    뉴스 메뉴 보기
    韓国柔道の看板イ・ジュンファン。グランドスラム東京で頂点に立った。キム・ギョンロク記者
    TOP