주요 기사 바로가기

「イスラエル、1年以上の長期戦計画」…2地域を集中攻撃へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.02 13:21
0
イスラエルがパレスチナの武装組織ハマスを相手に1年以上の長期戦争を計画していると、フィナンシャルタイムズ(FT)が1日(現地時間)報じた。ガザ地区への攻撃を来年も続けるということだ。

FTは情報筋を引用し、イスラエルが高強度地上作戦をした後、「転換・安定化」のために低強度軍事作戦をする多段階戦略を構想していると伝えた。高強度地上作戦には、イスラエル軍がガザ地区南部まで深く進入してハマスの最高指導者ヤヒヤ・シンワル、ムハンマド・デイフ、マルワン・イッサの3人を殺害する暗殺作戦も含まれた。

高強度地上作戦に数カ月かかるという見方があるが、米国とイスラエルの対話に詳しいある人物は「数週間しかかからないだろう」と予測した。

 
南部地域への攻撃はカーンユニスとラファの両地域に集中すると、FTは伝えた。カーンユニスはガザ地区で2番目に重要な都市で、シンワルとデイフの故郷でもある。ラファはエジプトとの国境地域で、ガザ地区が外部とつながる地域だ。イスラエルの関係者は「ガザ地区-エジプト国境と地下密輸トンネルはハマスが軍事力を再建するうえで酸素供給路のようなところであり、この2地域が標的」と説明した。

ガザ地区北部に対する地上戦のため、南部地域にはパレスチナの民間人およそ200万人が集まっている。イスラエルは民間人被害の拡大という負担を抱えて作戦に臨むことになる。その後、転換・安定化段階は2024年末まで続くが、時期は明確でない。これはガザ地区をハマスが存在しない新しい秩序に対応させる過程だ。あるイスラエル高官は以前の軍事作戦や戦争とは違い、今回は確実な終末点がないことを示唆したと、FTは伝えた。

これに先立ち英日刊タイムズもイスラエル軍は戦闘再開後にガザ地区でハマス壊滅のための長期戦をすると予想した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP