주요 기사 바로가기

彼女の関係まで学ぶ…米名門大で「テイラー・スウィフト」講義

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.02 11:44
0
米国で大人気のポップスター、テイラー・スウィフト(33)の音楽世界を扱う講義が米名門ハーバード大に開設される。

先月29日(現地時間)の英日刊タイムズによると、ハーバード大は来年春の学期から「テイラー・スウィフトと彼女の世界」(Taylor Sweft and Her World)という講義を新設し、スウィフトの生活から音楽キャリア、ファン文化にいたるまで彼女の音楽世界をさまざまな文化的脈絡から眺める予定だ。

この講義を担当するステファニー・バート英文科教授は米娯楽メディアTMZに対し、シンガーソングライターのスウィフトは自分と人の関係も曲に反映させてきたため「彼女の関係についても話す考え」と述べた。

 
またスウィフトの恋人と知られる米プロフットボール(NFL)選手トラビス・ケルシーもここに含まれるが、スウィフトが彼に関する歌を発表しない限り大きくは扱われないと説明した。

ハーバード大のウェブサイトに掲示された講義の説明によると、学生は「白人・(米国)南部・汎大西洋テキストとクィア(性的少数者)サブテキストについて考える方法」を学ぶ予定だ。

詩人ウィリアム・ワーズワースと小説家ウィラ・キャザーの詩・小説などをはじめ、スウィフトの音楽に影響を及ぼした文学作品を読み、米カントリー音楽の女王と呼ばれるドリー・パートンなどスウィフトに音楽の道を開いた女性芸術家にも目を向ける。

これに先立ちフロリダ大とニューヨーク大もスウィフトに関連する講義を開設している。ニューヨーク大はスウィフトに名誉学位を授与し、スウィフトは昨年この大学で卒業講演をした。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP