주요 기사 바로가기

戦闘再開初日…ハマス側「イスラエルの攻撃で109人死亡」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.02 09:38
0
戦闘休止が終わり、パレスチナ自治区ガザ地区では1日(現地時間)、イスラエル軍の攻撃で100人以上が死亡したと、現地保健省が明らかにした。

ハマスが統治するガザ地区の保健省はこの日、フェイスブックで「今日(1日)朝の戦闘再開後、イスラエル軍の攻撃による殉教者は109人に増えた」とし「負傷者も数百人にのぼる」と伝えた。

交戦が再開されたのは、先月24日にパレスチナの武装勢力ハマスとの合意で戦闘を休止してから7日ぶり。ガザ地区の保健省が発表した死傷者数は外部機関を通じて検証されていない。

 
イスラエル軍はこの日の報道資料で「数時間、地上と空中、海上でガザ地区の北部と南部のテロ目標物およそ200カ所を攻撃した」とし「南部のカーンユニスとラファ地域も含まれた」と明らかにした。

一方、イスラエル軍はこの日、ハマスを相手に戦闘を再開すると宣言し、「ハマスが(戦闘休止)協定を違反してイスラエル領土に発砲したため」と明らかにした。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP