주요 기사 바로가기

7日間で戦闘休止は終わり、イスラエル・ハマスが交戦再開

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2023.12.02 09:18
0
イスラエルが1日、パレスチナ自治区ガザ地区での戦闘を再開した。先月24日にパレスチナの武装組織ハマスとの合意で戦闘を休止してから7日ぶりだ。

イスラエル軍(IDF)は1日、「ハマスが戦闘休止協定を違反してイスラエル領土に向けて発砲した」とし、戦闘再開を宣言した。

イスラエル軍によると、空襲の再開は戦闘休止期間のこの日午前7時(現地時間)過ぎにあった。現地メディアはイスラエル軍がガザ地区北部だけでなく南部のカーン・ユニスも攻撃していると伝えた。ハマス保健省もこの日、イスラエルの攻撃再開で少なくとも32人が死亡したと明らかにした。

 
イスラエルとハマスはその間、戦闘休止を2回延長し、互いに人質の解放と囚人の釈放を進めてきた。この期間、ハマスはイスラエル国籍の人質80人を含む約100人の人質を解放し、イスラエルは240人のパレスチナ人囚人を釈放した。

双方はその後も戦闘休止を1、2回さらに延長するための交渉をしていたが、先月30日、エルサレムでハマスの隊員2人が民間人に銃撃を加えて少なくとも4人が死亡する事件が発生し、結局、交渉は決裂した。

イスラエルのネタニヤフ首相は声明を出し「人質解放、ハマス除去など戦争の目標達成に専念する」と明らかにした。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP