주요 기사 바로가기

休戦1日延長合意から1時間で…ハマス、エルサレムのテロで3人死亡

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.01 06:49
0
イスラエルとパレスチナ武装政派ハマスが一時休戦をさらに1日延長することで合意してから1時間後、イスラエルのエルサレムでテロと疑われる銃撃事件が発生し、3人が死亡した。

30日(現地時間)、日刊紙タイムズ・オブ・イスラエル(TOI)などによると、同日午前7時50分ごろ、出勤時間帯にエルサレム郊外で不審者2人がバス停にいる人々に向かって銃撃を加えた。

事件直後には10代の死亡者もいると報じられたが、実際の犠牲者はエレメレク・ワセルマンさん(73)、ハナ・イペルガンさん(67)、リビア・ディクマンさん(24)などということが分かった。また、現在6人がけがし、近くの病院で治療を受けている。このうち一部は重体だ。出勤時間帯に事件が発生したため死傷者数が多かった。

 
防犯カメラの映像には白いスポーツ用多目的車(SUV)車両が停車場前に停車した後、運転席と助手席から男性が降りて無差別に銃撃を加える姿が映っていた。彼らはM16小銃と拳銃などで武装して犯行を犯し、市民は混迷して逃げた。

犯人たちは事件当時、現場にいた非番の軍人たちと民間人たちによって射殺された。彼らはパレスチナ人が居住する東エルサレム地域出身であることが確認されたとイスラエル当局は伝えた。

同日午後、ハマスは声明を出し、銃撃事件の容疑者は自分たちの隊員だと明らかにした。ハマスはイスラエルの軍事作戦とパレスチナ収監者に対する処遇を批判し「占領軍が犯した犯罪に対する自然な対応のレベルで行われた」と強調した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    休戦1日延長合意から1時間で…ハマス、エルサレムのテロで3人死亡

    2023.12.01 06:49
    뉴스 메뉴 보기
    イスラエルとハマスの戦争
    TOP