주요 기사 바로가기

「ハマス、電気線で人質をむち打ち」 解放されたタイ人が証言

ⓒ 中央日報日本語版2023.11.30 15:23
0
パレスチナの武装組織ハマスに抑留中のイスラエル人人質が殴打されるなど劣悪な扱いを受けているという証言が出てきたと日刊タイムズ・オブ・イスラエル(TOI)が29日(現地時間)、報じた。

休戦6日目のこの日、解放されたあるタイ人はイスラエル放送のインタビューで「私と一緒に捕まったユダヤ人は非常に過酷な扱いを受けていた」とし「たびたび電線でむち打たれていた」と話した。

続けて「捕まった人々には十分な食糧が与えられなかった」とし「一日にピタ(中東地域で食される平たいパン)一枚程度で、ある時はツナ缶一つとチーズ一切れを4人が分け合って食べたときもある」と伝えた。

 
特に先月7日にハマスのイスラエル奇襲時に拉致された人々は7週間の抑留期間中シャワーをたった1回しか許されなかったという。

イスラエルとハマスの間の追加合意がなければ30日午前7時を期に休戦が終了する。イスラエル国防軍は、この日の休戦以降に履行する戦闘計画を承認したと明らかにした。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ハマス、電気線で人質をむち打ち」 解放されたタイ人が証言

    2023.11.30 15:23
    뉴스 메뉴 보기
    ハマスに拉致されたエミリー・ハンドさんが25日(現地時間)、50日ぶりに帰ってきて父親のトーマス・ハンドさんと再会した。[写真 IDF公式サイト キャプチャー]
    TOP