주요 기사 바로가기

「毛沢東の息子嘲弄」中国人シェフ、「料理人として卵チャーハンは作らない」

ⓒ 中央日報日本語版2023.11.30 10:45
0
中国のある有名シェフがソーシャルメディアに卵チャーハンの料理動画を投稿して「毛沢東元主席の息子を嘲弄したのか」とネットユーザーから袋叩きにされて謝罪することが起きた。

29日、香港明報によると、フォロワー数330万人を持つ有名シェフの王剛さんは27日、ソーシャルメディアに卵チャーハンの料理動画を掲載したことを謝罪し、「料理人として卵チャーハンを作らない」と宣言した。

 
​これに先立ち、王剛さんの卵チャーハン料理動画に中国のネットユーザーたちは中国初代主席の毛沢東氏の長男・毛岸英氏を嘲弄したとして激しく非難した。王剛さんは今年まで5年連続で卵チャーハンの動画を投稿したという。しかし、動画を公開した日が毛岸英氏の命日2日後だったため、ネットユーザーは料理が毛岸英氏の死を連想させると主張した。

​1950年11月25日、韓国戦争(朝鮮戦争)当時、国連軍の爆撃で死亡した毛岸英氏の死は長い間論争の種となってきた。ある中国人民解放軍将校の備忘録によると、毛岸英氏は兵舎で卵チャーハンを作ったところ、位置がバレて爆撃を受け死亡した。防空規則を破って火をつけたため、煙が連合軍爆撃機の目についたということだ。

​しかし、2020年11月、中国歴史研究院はこの話が毛岸英氏の死を戯画化したデマだと主張した。そして、目撃者の証言などによると、毛岸英氏の位置が知られたのは、部隊司令部の無線が露出したためだと付け加えた。

​その後、米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は、毛岸英氏が卵チャーハンを作って爆撃を受けたと書かれた中国軍将校の備忘録は2003年、中国人民解放軍が公式発刊したものだと報じた。しかし、中国共産党は2021年7月、10つの「デマ」リストをつくり、卵チャーハン関連の毛岸英氏死亡説を公式否定した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「毛沢東の息子嘲弄」中国人シェフ、「料理人として卵チャーハンは作らない」

    2023.11.30 10:45
    뉴스 메뉴 보기
    中国の毛沢東初代主席(左)と韓国戦争で死亡した息子・毛岸英氏。[百度 キャプチャー]
    TOP