주요 기사 바로가기

<中央フォーラム>マーティン・ウルフ「新たな無秩序時代…韓国には機会ある」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.29 17:00
0
フィナンシャル・タイムズのマーティン・ウルフ首席経済論説委員が「米中覇権競争時代にも韓国に機会は生きている」と強調した。ただ「これまでしてきたように持続して競争力がある先端製品を生産しなければならない」という但し書きを付けた。ソウル市内のホテルで29日に開かれた2023年中央フォーラムでだ。ウルフ氏は鋭い分析と洞察で世界の経済界の注目を浴びる同紙の看板経済コラムニストだ。

この日のフォーラムで基調演説をしたウルフ氏は、主題を「新しい無秩序時代の中の韓国」と決めたほど韓国をめぐる世界情勢が急変したと診断した。彼は「国際社会が『怒りっぽい』(fractious)」状況に入り込んだ。米国を含んだ各国政府の介入、保護主義傾向が強まった」と話した。続けて「ポピュリズムが深刻になり、経済的効率性が後回しにされ、主要な世界的問題に対する国際共助機能も弱まった」と付け加えた。

米中覇権競争では米国の優位を占った。彼は「中国の浮上にもかかわらず、21世紀中盤まで米国とその同盟国の経済規模が中国を上回るだろう」と予想した。根拠として▽中国は世界最大の製造国だが最大の「先端技術」製造国ではなく▽開放された金融市場と信頼できる法体系がなく▽世界の外為市場が米国と同盟国の通貨を中心に構成されている点を挙げた。

 
彼は「韓国は米中と比較しても異例に開放された経済体制を持っている。韓国の輸出成長は遅くなったが、現在の水準の輸出成長を維持するのは可能だ」と予想する。続けて「開放経済体制で中国に対するアクセス性を維持するのは韓国の国益に必須要素」と強調した。

ただ脱世界化基調は韓国に悪材料だと分析した。彼は「来年11月の米国大統領選挙でトランプ氏が再選する場合すべての見通しが不透明になるだろう」とも懸念する。だが「世界化、自由市場、民主化の時代が終焉を告げても世界は大きな衝突なく対応していくだろう。世界化は消えるのではなくしばらく冬眠に入っただけであり、韓国のような開放経済に機会は残っている」と話した。

彼は米中輸出依存度を少しでも低くするための韓国の「デリスキング」戦略に対し、「中国の代案としてのアジアを指す『オルトアジア』や南半球の開発途上国を指す『グローバルサウス』をはじめとして貿易パートナーになれるすべての国と良い関係を結ばなければならない」と助言した。続けて「韓国が継続して競争力のある先端製品を生産しながら市場状況に柔軟に対処できるなら米中の間で二者択一しなければならない可能性は小さいだろう」と話した。

◇マーティン・ウルフ=英オックスフォード大学で経済学修士学位を受けた後世界銀行に入り1981年まで勤務。ロンドン貿易政策研究所(TPRC)で勤めて87年にフィナンシャル・タイムズに入った。96年から首席経済論説委員を務める。データと理論、経済史をまとめたコラムで名声を得た。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <中央フォーラム>マーティン・ウルフ「新たな無秩序時代…韓国には機会ある」

    2023.11.29 17:00
    뉴스 메뉴 보기
    フィナンシャル・タイムズのマーティン・ウルフ首席経済論説委員が29日にソウルで開かれた中央フォーラムで基調演説をしている。キム・ヒョンドン記者
    TOP