주요 기사 바로가기

北朝鮮の「ホワイトハウス・ペンタゴン衛星撮影」主張に…米「ネット上にも写真多い」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.29 10:49
0
米国防総省が28日(現地時間)、北朝鮮が衛星写真を撮影したと主張したことに関連し、「インターネット上にもペンタゴンとホワイトハウスのイメージはたくさんある」と述べた。

国防総省のライダー報道官はこの日の記者会見で「北朝鮮の衛星が撮影したイメージについて提供できる情報はない」とし、このように明らかにした。

前日、北朝鮮は朝鮮中央通信を通じて、先週打ち上げた軍事偵察衛星「万里鏡1号」でホワイトハウスやペンタゴン(国防総省)など米本土内の主要軍事施設を撮影したと主張した。

 
ライダー報道官は「我々は北朝鮮がロケットを打ち上げたことを知っていて、それが軌道に入ったとのことも認知している」とし「これには弾道ミサイル技術が使用された。現時点でこれ以上提供できる追加の具体的事項はない」と話した。

北朝鮮の衛星打ち上げが成功したと評価できる基準については「成功かどうかの定義は他の人たちに任せる」とし「何かが軌道に進入するには、地球の重力から抜け出して周辺軌道に持続的に存在しなければいけない」と答えた。

続いて「何を達成しようとしたのか、その定義は北朝鮮しだい」とし「私はそれ(北朝鮮の軍事衛星)が軌道にあるということ以外については話さない。我々は韓国、日本などと緊密に協議し、引き続きこれをモニタリングしていく」と述べた。

ライダー報道官は北朝鮮が南北間の9・19軍事合意破棄を宣言して最前方監視哨所(GP)復元措置を取ったことについて「これは我々が綿密にモニタリングしている事案」としながらも「北朝鮮の配備に関しては今すぐ提供する具体的な情報はない」と明らかにした。そして「韓国と日本に対する米国の拡大抑止公約は確実に維持される」と強調した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮の「ホワイトハウス・ペンタゴン衛星撮影」主張に…米「ネット上にも写真多い」

    2023.11.29 10:49
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮の国旗
    TOP