주요 기사 바로가기

イスラエル・ハマスの休戦、追加延長か…「成功すれば12月2日まで」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.29 09:50
0
イスラエルとパレスチナ武装政派ハマスが休戦をさらに延長する合意に近づいていると、現地の日刊紙ハレッツやタイムズ・オブ・イスラエル(TOI)などのメディアが28日(現地時間)報じた。

エジプトメディアによると、現地消息筋は「イスラエルとハマスが先の合意と同じ条件で休戦をさらに2日延ばす方針に原則的に同意している」と伝えた。

イスラエルとハマスは24日、4日間の休戦を開始し、2日間の延長に合意した状態だ。さらに追加で2日延ばせば全体交戦停止期間は8日になり、来月2日午前7時に休戦が終了する。

 
イスラエル関係者は「まだ確定していない」としながらも「事案を検討中」と言及した。

同日、米中央情報局(CIA)のウィリアム・バーンズ長官とイスラエル情報機関モサドのバルネア長官がカタールでムハンマド・ビン・アブドゥッラフマーン・アール・サーニー首相兼外相と3者会談を通じて休戦に関して意見を交わした。

カタール外務省は「休戦をさらに延長することに焦点を当てている」と説明した。

特に、この席にはイスラエルとハマスが人質と収監者の釈放・交換の見返りに休戦に合意することに核心的な仲裁の役割を果たしたと評価されているエジプトの情報局長アッバス・カメル氏が出席したという。

ハレッツは「カメル氏がカタールとの議論に参加したのは異例のこと」とし、今回の会談に重きを置いた。

一部では休戦はイスラエル側が最長期間と釘を刺した10日を越す可能性もあるという見方も出ている。

ある外交消息筋はこのような見方に対して「具体的な提案があれば(イスラエル)内閣が検討するだろうが、まだそのようなことはなかった」としながらも「真剣な提案なら考慮する」と述べたとイスラエルメディアのワイネット(Ynet)が報じた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    イスラエル・ハマスの休戦、追加延長か…「成功すれば12月2日まで」

    2023.11.29 09:50
    뉴스 메뉴 보기
    イスラエルとハマスの戦争
    TOP