주요 기사 바로가기

ロシア「北朝鮮の軍事偵察衛星打ち上げ、『宇宙武器化』でない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.29 09:02
0
ロシアが北朝鮮の軍事偵察衛星打ち上げを「宇宙武器化」と見ることはできないと主張した。

28日(現地時間)のリアノーボスティ通信などによると、ロシアのリャブコフ外務次官はこの日、記者らに対し「軍事目的の遠隔感知衛星は武器でないという点を強調したい」とし「宇宙には打撃型武器があってはならず、北朝鮮の偵察衛星は宇宙武器化の要素ではない」と強調した。

「北朝鮮と宇宙武器を配備しないと合意する計画はあるのか」という質問には、「すべての国と国際社会構成員が宇宙に武器を配備しないという政治的な約束に先に参加することを提案する」と答えた。すでに30カ国がロシアの宇宙武器配備禁止提案を公式的に支持していて、今後、関連合意に参加する国がさらに増えると期待すると伝えた。

 
北朝鮮は21日午後10時43分ごろ、北朝鮮平安北道東倉里(ドンチャンリ)一帯から3回目の軍事偵察衛星打ち上げを敢行した。約3時間後、北朝鮮は偵察衛星「万里鏡1号」を新型衛星運搬ロケット「千里馬1型」に搭載して打ち上げに成功したとし、「万里鏡1号」が軌道に乗ったと発表した。

専門家らは北朝鮮の軍事偵察衛星打ち上げが露朝首脳会談の成果と評価している。ロシアが北朝鮮との武器取引の代価として衛星技術を直接提供した結果ということだが、ロシアと北朝鮮は武器取引自体を依然として否認している。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP