주요 기사 바로가기

ノージャパンは昔の話…ハイブリッドカーの好調を背景に日本車「急加速」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.29 08:28
0
レクサスのハイブリッドセダン「ES300h」は韓国で今年に入り先月末まで6616台が売れた。前年同期より86%増えた。単一モデルでメルセデス・ベンツ「E250」の9296台、BMW「520」の8251台に続き韓国で3番目に多く売れた。

輸入車業界ではES300hが内燃機関自動車より優秀な燃費に加え、電気自動車より充電などメンテナンスが便利な点が高く評価されたとみる。ES300hは自動車リサーチ専門機関であるコンシューマーインサイトの消費者体験評価で4年連続「カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれている。

レクサスをはじめとする日本車が韓国市場で再び羽ばたいている。2019年の日本商品不買運動以降に大きく萎縮した輸入車市場での存在感が再び高まる雰囲気だ。

 
韓国輸入自動車協会(KAIDA)が29日に明らかにしたところによると、今年に入り先月末まで韓国で売れた日本車は1万8822台で、輸入車市場でのシェアは8.6%に達した。前年同期の1万3868台より35.7%増えた。同じ期間国内で売れた全体輸入車は21万9071台で前年同期より2.9%減った。

日本車の好調は、電気自動車の劣勢というマクロ環境の変化と軌を一にする。日本は伝統的にハイブリッドカー強国だ。今年輸入車市場でハイブリッドカーの販売台数は前年同期比17.6%増えた。電気自動車の11.6%増だけでなく、ガソリン車の8.4%減、ディーゼル車の29.5%減を圧倒する水準だ。ここに「円安」による日本旅行増加で反日感情が薄まっている点も肯定的だ。

日本車の回復傾向は世界トップの自動車メーカーであるトヨタが主導している。韓国トヨタは今年初めの今山学代表就任後、「すべての電動化」戦略を強調し現在まで7種の新車を発売した。新型第5世代「プリウス」も来月に発売を控えている。

ハイブリッドカーの好調とラインナップ補強などによりトヨタは今年に入り先月までに6768台を販売し前年同期より販売台数を26.4%増やした。トヨタのラグジュアリーブランドであるレクサスは同期間に1万1008台が売れた。販売増加率は93%でほぼ2倍に達する。

当面はトヨタを中心にした日本車の好調は続く見通しだ。電気自動車の待機需要のうち相当部分がハイブリッドカーへ向かうなど日本車には申し分のない環境が作られた上に、トヨタなどが来年も韓国市場で着実に競争力のある新車を投じる計画だからだ。

韓国トヨタのカン・テファン常務は「詳しく明らかにすることはできないが、来年にも新車を着実に出していくという立場は明らかだ。単純に販売台数増加だけでなく消費者がトヨタの製品に満足できるようにもっと努力するというのがわれわれの立場」と話した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ノージャパンは昔の話…ハイブリッドカーの好調を背景に日本車「急加速」

    2023.11.29 08:28
    뉴스 메뉴 보기
    レクサスの人気車種である「ES300h」。今年に入り先月末までに韓国だけで6616台が売れた。前年同期より86%の増加だ。[写真 韓国トヨタ自動車]
    TOP