주요 기사 바로가기

「なんてことだ」「逆転期待したのに」…深夜の応援戦、釜山市民はため息

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.29 07:43
0
29日午前1時20分、釜山(プサン)東区の釜山市民会館大劇場。2030年の万博開催地にサウジアラビアのリヤドが決まったという知らせが伝えられた。その瞬間市民1500人が集まった大劇場には寂寞感が漂った。「プサン、コレア」と呼ばれるのを期待して舞台に設置された大型スクリーンを見つめた市民は虚しさを隠すことができなかった。「あぁ、なんてことだ…」という嘆きがあちこちで流れ出た。手に握った応援旗1500個とLEDペンライト1000個もそれ以上動かなかった。

イさん(43)は「終盤に逆転できると考えたがとても残念。それでも万博誘致期間に本当に多くの人が最善を尽くしたので後悔はなさそうだ」と話した。

万博誘致には失敗したが、結果が出る直前まで釜山の熱気は沸いていた。釜山市民は前日28日午後8時30分から大劇場で「万博成功誘致市民応援戦」を行った。万博開催地を決める博覧会国際事務局(BIE)総会の投票開始時刻である29日1時10分(日本時間)5時間40分前からだ。大劇場にはこれより2時間30分早い6時から「釜山万博誘致」を願う市民が集まった。

 
市民は「釜山に誘致して」「11月28日は釜山だ」などと叫んで応援の熱気を高めた。釜山市立合唱団の合唱で始まった応援戦は歌手キム・シフン、ドリームアイ応援団、韓服ファッションショーを経て盛り上がった。特に投票前最後となる5回目のプレゼンに潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長が登場した時には歓声を上がったりもした。

だが放送とインターネットなどで投票結果を見守った人たちは失望感を隠せなかった。

海雲台区(ヘウンデグ)に住むパクさん(48)は「終盤でサウジに大きく追いついたという話に期待が高まったがこうした結果が出てとても残念」と話した。

万博誘致には失敗したが今回の誘致戦を通じて釜山の競争力をしっかりと見せたという評価も出ている。また、万博誘致により釜山を世界的ハブ都市にして韓国の新たな成長軸にするという目標から始まっただけに、今後も挑戦を止めないという確約の声も聞こえる。

釜山市の朴亨埈(パク・ヒョンジュン)市長は「韓国政府、釜山市民と十分に話し合い2035年の万博誘致挑戦を積極的に検討したい」と話した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「なんてことだ」「逆転期待したのに」…深夜の応援戦、釜山市民はため息

    2023.11.29 07:43
    뉴스 메뉴 보기
    2030年万博の釜山誘致を応援するため28日夜に釜山市東区の釜山市民会館大劇場に集まった市民。ソン・ボングン記者
    TOP