주요 기사 바로가기

「最年少人質」生後9カ月のイスラエル人赤ちゃん、50日間抑留中

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.29 07:36
0
イスラエルとハマスの一時休戦で50人の人質が解放されたが、現在満1歳以下の赤ちゃんが50日間ガザ地区に拘束されていることが分かった。

27日(現地時間)、イスラエルメディア「タイムズ・オブ・イスラエル(TOI)」によると、同日まで一時休戦4日間にわたって解放されたイスラエル人人質リスト50人のうち、生後9カ月のクフィル・ビバスくんとその家族は含まれなかった。

クフィルくんはハマスが抑留した人質の中で最年少で、4歳の兄アリエルくんや父親のヤデンさん(34)、母親のシュリさん(32)とともにイスラエル南部のニルオズ・キブツで拉致された。

 
イスラエル軍アラビア語報道官であるアドライ氏は同日夕方、X(旧ツイッター)に「ビバスくん家族が先月7日、ハマスに拉致されたが、その後ガザ地区内の他のパレスチナ武装組織に移され、現在、カーン・ユニスに抑留されている」と明らかにした。

カーン・ユニスは一時休戦が終われば、イスラエル軍が集中攻勢に出るものと予想されている地域だ。

TOIは「アドライ報道官の書き込みからみると、ビバスくん家族が今後解放される人質リストに含まれるという希望が弱まった」と見通した。

英国日刊紙テレグラフは「クフィルくんの身辺が今後一時休戦延長交渉で追加的なテコとして使われる可能性が提起される」と伝えた。

一時休戦は、イスラエルとハマスがそれぞれパレスチナ人収監者とイスラエル人人質を交換する条件で延長される。28日から続く休戦延長では、ハマス以外の武装組織に抑留されている人質の身辺が交渉の変数として浮上した。

米CNN放送は先月、外交筋の話として「イスラエルで拉致された人質のうち40人以上が現在、ハマスではなくパレスチナ・イスラミック・ジハード(PIJ)、または他の武装団体、個人によって抑留されている」と報じた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「最年少人質」生後9カ月のイスラエル人赤ちゃん、50日間抑留中

    2023.11.29 07:36
    뉴스 메뉴 보기
    パレスチナ人が10月7日、イスラエルのあるキブツ(農業共同体)で民間人を人質として捕まえてカザ地区に連行している。イスラエル総理室の推算によると、約150人が人質として捕えられているという。[写真 X キャプチャー]
    TOP