주요 기사 바로가기

イスラエル・ハマス休戦2日延長…3歳の双子人質も解放

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.29 07:02
0
イスラエルとパレスチナ武装政派ハマスが27日(現地時間)、休戦期間を2日追加し、30日まで延長した。この日、ハマスに抑留されたイスラエルの3歳の双子をはじめ11人が解放され、24日から27日までの4日間、外国人人質を含む69人がイスラエルに戻った。

ロイター通信とタイムズ・オブ・イスラエルなどによると、休戦と人質解放交渉を仲裁してきたカタール外務省のアンサーリー報道官はこの日、ソーシャルメディアXに「ガザ地区の人道的休戦を2日間延長することで合意した」と明らかにした。米ホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)のジョン・カービー戦略広報調整官も、2日間の休戦延長合意を確認した。

イスラエル首相室は「ハマスから28日に解放されるイスラエル人人質リストを受け取った」とし「イスラエル人人質が追加で解放される場合に備えてパレスチナ人女性収監者50人のリストを承認した」と明らかにした。首相室は釈放される人質の数を正確に公開しなかったが、米国は女性・子供20人が解放されると伝えた。当初の合意案によると、休戦期間はハマスが追加で人質10人を解放するたびに1日ずつ延長され、イスラエル人人質1人当たりパレスチナ人収監者約3人が解放される。

 
この日、3歳の双子姉妹と母親を含め、子供9人と女性2人が解放された。イスラエル軍によると、最年少人質である生後10カ月のクフィル・ビバスくんの家族は解放されなかった。この家族はパレスチナ・イスラミック・ジハードなど他の武装組織に移され、ガザ地区南部のカーン・ユニスに抑留されたと軍は明らかにした。

カタールと米国などは人質全員の解放とともに休戦を長引かせるために取り組んでいる。バイデン米大統領は「重要な人道的支援が入り抑留された人質は引き続き解放されている」とし「現在、休戦を続かせるのが私の目標であり、我々の目標」と話した。

アントニー・ブリンケン米国務長官は今週、イスラエルと西岸地区を訪れ、交戦中止期間の拡大とガザ地区の未来などについて話し合う予定だ。ただ、ワシントン・ポスト(WP)はネタニヤフ首相とガラント国防相などイスラエル首脳部は戦争の再開に力を入れていると伝えた。

休戦延長にもかかわらず、ガザ地区住民の状況は依然として厳しいとBBCは伝えた。寒い中、難民キャンプのテントに住む数万人が苦しんでおり、救済品は依然として不足している。それでも住民たちは「空襲がなくてよく眠れるし、子供たちが海辺で砂遊びをするなど多少安定した雰囲気だ」と休戦の延長を祈った。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    イスラエル・ハマス休戦2日延長…3歳の双子人質も解放

    2023.11.29 07:02
    뉴스 메뉴 보기
    イスラエルとハマスの戦争
    TOP