주요 기사 바로가기

店舗数1万3300軒に…中国最大のコーヒーチェーン店になった「中国版スターバックス」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.21 13:19
0
中国発祥のコーヒーフランチャイズ「ラッキンコーヒー(瑞幸珈琲)」がスターバックスを抜いて中国最大のコーヒーチェーンに躍り出たと米国ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が19日(現地時間)、報じた。

これによると、ラッキンコーヒーは現在中国で約1万3300軒の店舗を構えているが、これは中国内スターバックスの店舗数(約6900軒)の倍に達する。

 
ラッキンコーヒーは一時「中国版スターバックス」と呼ばれて大きな注目を浴びた。2017年1号店を出した後、2019年までの2年間で中国全土に約3680軒の店舗をオープンさせた。スターバックスが1999年中国市場に進出してから20余年間で店舗数を約4130軒まで拡張してきたことを考えるとその勢いは特に目覚ましい。

ラッキンコーヒーは2020年に粉飾決算事件によって米ナスダック市場から撤退するなど一度危機を迎えたが、その後経営陣の入れ替えや積極的な投資攻略、潤沢な資本を基に再建に成功した。

特にパンデミック以降、迅速配達サービス、簡便モバイル決済方式などが急速な成長を助けたとWSJは分析した。

チーズ味ラテなど現地人の食欲をそそる人気製品も売上増加を牽引(けんいん)した。

ラッキンコーヒーは今年4-6月期8億5500万ドル(約1270億円)の売上を計上した。これは中国のスターバックスの8億2200万ドルを上回る。

米国シアトルに本社を置く世界最大コーヒーチェーンのスターバックスは過去数十年間、世界で2番目に人口が多い中国での拡張を最優先課題としてきた。スターバックス前最高経営責任者(CEO)のハワード・シュルツ氏は「中国はスターバックスの最も大きな成長機会の一つ」と語っていた。中国は店舗数と売上基準で米国に続いてスターバックスの二番目に大きな市場へと成長した。

スターバックスは2025年までに中国内店舗数を9000軒まで増やすなど中国市場1位奪還のための対策準備に出た。中国だけでしか味わうことのできないドリンクが新たに28種類追加された。経営陣はスターバックスが中国全土の主要位置でドリンクや軽食、商品をすべて提供している唯一のコーヒーブランドだと強調した。スターバックス中国共同CEOであるベリンダ・ウォン氏は最近の投資家行事で「(スターバックスの中国投資は)これが単なる始まりにすぎないと確信している」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    店舗数1万3300軒に…中国最大のコーヒーチェーン店になった「中国版スターバックス」

    2023.11.21 13:19
    뉴스 메뉴 보기
    [写真 ラッキンコーヒー公式サイト キャプチャー]
    TOP